すごいよ古泉君!第四話【涼宮ハルヒの憂鬱】


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ここは街中の薄暗い裏路地。そんな人気のない場所に、あの二人組がやって来ます。
「ねえみくるっ? こんな場所にあたしを連れてきて、みせたいものってなにかなっ?」
いつもの晴れやかな笑顔の鶴屋さんです。
「そ、それはね………」
「こんにちは、鶴屋さん。それに朝比奈さんも」
「あれ、古泉君、こんな所で奇遇だねっ! 野球の後、用事があって帰ったんじゃなかったっけ?」
僕は苦笑して、その質問には答えませんでした。
「あ、あの、古泉君……」隣にいた朝比奈さんがおずおずと言いました。
「鶴屋さんまで巻き込むのは………その…」
「まあまあ、いいじゃないですか。鶴屋さんも、僕たちの仲間に入れてあげましょう」
「なにかななにかなっ? 面白いことに混ぜてくれるのかなっ?」
「ええ。では、単刀直入にお伺いしましょう。鶴屋さん、あなたはセックスをしたことがありますか?」
「………………へ?」
鶴屋さんはいつもの溌剌とした笑顔のまま、固まっていました。


「な、なんの冗談かな、古泉君?」
「冗談ではありませんよ。いえ、失礼しました。実はわかっていたんですよ。鶴屋さんは処女ですね。それも、約束された方(>>173)のために貞操を守っている。違いますか?」
「………」
鶴屋さんは笑顔のまま無言でした。
僕はかまわず続けます。
「その貞操、僕がいただきます。では朝比奈さん、お願いします」
「はい………。鶴屋さん、ごめんね」
朝比奈さんは、布きれを鶴屋さんの口元にあてました。
「んっ! み、みくる………?」
鶴屋さんの身体から力が抜けていきます。僕はその身体を支えてあげました。
「最近は良い薬がありましてね。今あなたが嗅いだのは、正常な意識を保ちながら、全身の筋を弛緩させるタイプの媚薬です。
もちろん感度は抜群。あと、喋ることも可能です。今の気分はどうですか?」
「………」
鶴屋さんは笑顔のまま絶句しています。
どうやら、あまりにも予想外のことが起こったため、意識がオーバーヒートしてしまったようです。



「しかたがありませんね。では…」
僕は股間から逸物を取り出しました。
突如、鶴屋さんの顔が恐怖にゆがみます。
「だ、だめっ! あたしには将来を約束された人が!!」
「そんなこと言える立場ですか?」
僕は微笑みながら、鶴屋さんのパンティを下げました。
そして、鶴屋さんの初めての挿入を行います。
「ひゃっ?! やめ、……ひうううぅん!?」
「あれ、鶴屋さん、初めてなのに感じているのですか? とても淫乱ですね」
「だってそれは、薬が……ひ、ひうっ、………ご、ごめんなひゃい………」
「誰に謝っているのですか? 許嫁の方ですか?」
僕は容赦なく腰を振りました。
初物のあそこは吸い付くように僕のものを締め付けます。
「ごめんらひゃい、ごめんらひゃい……、うう」
「ああ、鶴屋さん、気持ちいいですよ。未来のご主人がうらやましい」
そして、僕は鶴屋さんの中に精を放ちました。
「い、いや………中、やめて………」
「もう遅いです。出してしまいました」
「ごめんらひゃい、ごめんらひゃい………」
鶴屋さんは顔面をぐしゃぐしゃにして泣き崩れていました。
「さあ、朝比奈さん、一緒に鶴屋さんを運んであげましょう。どうやら彼女、壊れてしまったみたいですし」
「はい…」
「うう、ごめんらひゃい、ごめんらひゃ、うぐっ…………」

|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|
更新履歴
取得中です。

メニュー