※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。



「父さんは今日で父さんを辞めようと思う」

少し変わった家族を描いた長編小説は、この衝撃的な一言で幕を開ける。

その"変わった家庭"に生まれたのが主人公の佐和子。

父さんを辞めてしまった父さん、家出中なのに晩御飯を作りにくる母さん、天才児と呼ばれつつ大学に行かなかった兄の直。

直の新しい彼女の小林ヨシコ、明るく優しい男の子大浦君。


知人の自殺未遂や死がそんな佐和子を苦しませる。

一見、非常に不幸な女の子とも思えるが、何故か幸福だと思える、ちょっと不思議なお話。

「大きなものをなくしても、まだあった、大切なもの」に支えられつつ、新たな希望を探して健気に生きる佐和子。

周りの人々がとても優しく、ちょっと泣けてくるストーリーです。


|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|