※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

大見出し

中見出し

大見出し



名前:
コメント:

現在、paint_bbsプラグインはご利用いただけません。


佐和子


主人公の女の子。

"変わった家族"の中では現実的で、父さんが父さんを辞めると宣言した時にも心配した(直はすんなりと合意した)。

「幸福な食卓」は佐和子による一人称話法で綴られている。

どちらかというと落ち込みやすい性格で、兄の直と違って立ち直るのに時間がかかる。

「みんなざわざわ言いながら、私の方を見た。私も驚いたけど、みんなも驚いた。どう見ても、そんな器じゃないからだ。」(122頁)

上の引用文は、佐和子が学級委員に選ばれた時のものである。

周囲も驚いたことから、比較的地味でリーダー的存在の女子ではないということがわかる。


  • 映画「幸福な食卓」(2007年公開予定)の佐和子役、北乃きい(15)。



父さん(弘さん)


佐和子の父だが、"父さんを辞めた"。

「今日からは父さんじゃなく、弘さんとでも呼んでくれたらいいよ」(10頁)とあるが、佐和子は「父さん」と呼ぶことが多い。

1ページ目以前に自殺未遂をしており、それが家庭崩壊のきっかけとなった(母さんの家出の理由でもある)。

父さんを辞めたにもかかわらず「だめだ。やっぱり」(12頁)と言って娘の見送りに起きてくるあたりはごく普通の父親だ。

もともとは中学校の教師だったが、仕事を辞めて大学へ行こうとした。

しかし失敗してしまった弘さんは、その後予備校で働くのであった。



母さん


佐和子の母。

弘さんの自殺未遂後、精神崩壊しカウンセリングなどを受ける。

しかし、しばらく経つと耐えられずに家出した。

家出をした後も、頻繁に家に戻ってきて晩御飯を作るが、自分は食べていかない。

また、家出後も佐和子とは以前ように親しく、相談相手になることも多い。

佐和子に手料理を食べさせたり、裁縫を教えたりする場面がいくつかある。

こちらも性格面はごく普通なよき母親である。


  • 母さん役の石田ゆり子(36)。




佐和子の兄。

さっぱりとした性格で、妹想い。

「直ちゃんは自分の中でさっさと物事を片付けてしまえる能力を持っている」(42頁)と書いてあるとおり、立ち直るのが非常に早い。

幼い頃から天才児と評判だったが、大学に行かずに農業団体「青葉の会」に就職した。

いつもギターを弾いており、「リクエストは?」(20頁)と佐和子に何度か聞く。

しかし、いい加減に曲を弾いているせいか全く上達しないらしい。

「真剣さえ捨てることができたら、困難は軽減できる」(104頁)という父さんの遺書の一部を信じているせいでしょっちゅう失恋するが、上記のとおりすぐに立ち直る。


  • 直役の平岡祐太(21)。



小林ヨシコ


直の彼女。

初来宅の時にサラダ油を大量に持ってくる、少し珍しい人物。

「何もかもが下品なくらいに派手」(74頁)と称される。

その後、浮気現場を佐和子に目撃されるが、少しも悪びれずに彼氏が複数いることを認める。

案外優しい一面もあり、落ち込んでいる佐和子をトンチンカンな方法で慰めようとする(勝手に喋った挙句に手製のシュークリームを12個手渡す)。


  • 小林ヨシコ役のさくら(22)。



大浦勉学


佐和子の彼氏。

塾の初日、「俺、お前に勝負を挑むから」(70頁)と佐和子にライバル宣言をする。

その後佐和子と仲良くなり、二人でレベルの高い西高を目指し、見事合格、付き合うことになる。

非常に口下手な部分があり、よくいえば明快悪くいえば単純な人物だ。

クリスマスが近づくと、佐和子にマフラーをプレゼントするために、金欠でもないのにアルバイトを始める。

「やめろよ。照れるじゃないか」(123頁)

(直が)「画期的な野菜を生み出すとか?」(123頁)

上のような、いわゆる"天然"とも思える発言が随所に見られる。


  • 佐和子の恋人役、勝地涼(19)。


|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|