箱庭外交戦略 キエフ戦争

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

【開戦の経緯】

チェチェン・グルジア政府は政府広報欄にて西進政策を公表した。
それを脅威と感じたウクライナ共和国は、’自国の平和を守るため’という形でチェチェン・グルジア共和国に宣戦布告を行った。
参考資料①


【戦況】

ウクライナ共和国に核が数発被弾したが国力は衰えず、一方チェチェン・グルジア共和国は油田を失い、次第に軍事力が弱まっていった。

【クルンテープ国の参戦】

クルンテープ国はチェチェン・グルジア共和国に対し資金援助を行った。その件でウクライナ共和国はクルンテープ国に対して出廷要請を行った。それを機にクルンテープ国はウクライナ共和国に宣戦布告した。
しかし、国力の圧倒的な差を見せつけられ、同日降伏。ウクライナ共和国平和維持軍を駐留させることを認めた。
参考資料②

【チェチェン・グルジアの滅亡】

チェチェン・グルジア共和国はウクライナ共和国の降伏勧告を何度も無視し、最後に復讐を誓って壊滅した。





参考資料① 消失
参考資料② 消失