箱庭外交戦略 カシュウ国

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

カシュウ国(漢字表記 何首鳥国 )

【概要】
 太平洋に存在する架空の島シオン島を国土とする国家。建国は2005年の6、7月頃と推測。

【地理】
 カシュウ国は本土シオン島(南北の島々を含め総合してカシュウ列島と呼ぶ)その他委任統治領によって構成される。
―首都―
「草都」

【政治】
 共和制国家であり、議会制民主主義を採用している。
 月1回ごとに総選挙が実施されているが、政権交代が起こる事は稀である。

【外交】
―評価― 
 信義と道義、義理を重視した外交政策を行う。
―加盟条約一覧(2006年9月4日現在)―
 東京条約
 世界遺産協定
 ジュネーブ戦争規約
 スクテラリア条約機構
 阿何友好条約
 太平洋同盟条約
 国際領土協定

【委任統治領】 
 委任統治領は直接統治せず、委任統治領市民に自治を行わせており、カシュウ国は防衛用の部隊を派遣しているだけで、自治に大変な問題が発生しない限り干渉しないという統治方法を採用している。
―委任統治領一覧(2006年7月10日現在)― 
 アリョーシャン諸島
 アセンション島
 トリスタンダクーニャ諸島
 サライゴメス島
 サンフェリクス島
 パルミラ環礁

【経済】
―現状―
 資本主義経済体制を採用しているが、大規模な国営企業が多数存在し、それらの企業の民営化は進んでいない。
 経済は安定している。成長したり下降したりすることが殆ど無い。
―有名企業一覧―
 カシュウ軍兵器廠[国営]
 如月研究所[国営]
 鶺鴒誘導弾研究所[国営]
 カシュウ空軍産業[国営]
 カシュウ軍事工場[国営]
 カシュウ軍事造船[国営]
 カシュウ軍馬[国営]
 カシュウ国放送局[公営]
 蜃気楼社[民営]
 連合造船[民営]
 広告代理店[民営]
 太平洋映画[民営]
 シオン旅行代理店[民営]
 緒川コンサート[民営]
―応名前が公表されている企業一覧―
 太平洋出版[民営]
 中央紙出版[民営]
 太陽出版[民営]
 青空出版[民営]
 月乃夜模造刀[民営]

【軍事】
―構成―
総兵力14万人、兵役は志願制である。陸軍、海軍、空軍、戦略軍の4軍によって構成される。
―編制(2006年6月22日現在)―

陸軍

中央方面軍
 第1師団(中央方面軍司令部隊)
 第2師団
 第3師団 
 第4師団
北部方面軍
 第1師団(北部方面軍司令部隊)
 第2師団
 第3師団
 第4師団
 第5師団(北部島守備隊)
南部方面軍
 第1師団(南部方面軍司令部隊)
 第2師団
 第3師団
 第4師団
 第5師団
 南部島守備隊
アリューシャン諸島方面軍
 第1守備隊集団
 第2守備隊集団(キスカ要塞)
 第3守備隊集団(アッツ守備隊)
 第4守備隊集団
 第5守備隊集団
 第6守備隊集団
アセンション島守備隊
トリスタンダクーニャ諸島方面軍
南太平洋方面軍
 サンフェリクス島守備隊
 サライゴメス島守備隊
予備部隊

海軍

 第1艦隊(連合艦隊)
 第2艦隊(連合艦隊)
 第3艦隊
 第4艦隊
 第5艦隊
 第6艦隊
 第7艦隊
 第8艦隊
 第1潜水艦隊
 第2潜水艦隊
 第3潜水艦隊
 第1輸送船団
 第2輸送船団
 第3輸送船団
 護衛艦隊
 海軍航空隊

空軍

第1航空基地 
 第航空基地制空隊
 第航空基地攻撃隊
 第1航空基地偵察・警戒隊
第2航空基地
 第2航空基地制空隊
 第2航空基地攻撃隊
 第2航空基地偵察・警戒隊
第3航空基地
 第3航空基地制空隊
 第3航空基地攻撃隊
 第3航空基地偵察・警戒隊
 南部島航空基地
 南部島基地制空隊
 南部島基地攻撃隊
 南部島基地偵察・警戒隊
地方基地航空隊
 中部航空隊集団
 北部航空隊集団
 南部航空隊集団 
 航空輸送大隊
 アリューシャン諸島派遣隊
 予備航空隊
戦略軍
 ミサイル基地
 海底戦略ミサイル基地集団

―装備(2006年6月22日現在)―
戦車
 Lv1戦車改(国産)
歩兵戦闘車
 Lv1歩兵戦闘車改(国産)
偵察車
 BRM3偵察戦闘車(ウ)
野砲
 A型榴弾砲改(国産)
 B型加濃砲(国産)
 蜃気楼RR―1型リニア砲(国産)
自走砲
 B型加濃砲自走型(国産)
自走ロケット砲
 M270野戦ロケット車MLRS(ア)
自走対空砲
 LAV-AD対空戦闘車(ア)
 蜃気楼RB―1型ハイパワーレーザービーム車(国産)
 蜃気楼RB―2型ハイパワーレーザービーム砲(国産)
防空ミサイル
 パトリオットpac3(ア)
工兵車両
 Lv1戦車回収車(国産)
 Lv1歩兵戦闘車改修型地雷除去車(国産)
 Lv1戦車橋(国産)
 A型車載型放射能汚染浄化装置(国産)
軍用車両
 Lv1軍用1tトラック改(国産)
 Lv1軍用3tトラック改(国産)
 Lv1軍用5tトラック改(国産)
 Lv2軽軍用車(国産)
歩兵装備
 Lv1対戦車ロケット(国産)
 A型突撃銃(国産)
 Lv1狙撃銃(国産)
 Lv1手榴弾(国産)
 スティンガー対空ミサイル
 Lv2携帯迫撃砲(国産)
 Lv1銃剣(国産)
 日本刀(日)
戦闘機
 JAS39B(バ)
 KF2(国産)
 KF3(国産)
 KF4(国産) 
攻撃機
 Su25(露)
 KA2(国産)
輸送機
 C130改(ア)
 C17(ア)
早期警戒機
 E3(ア)
偵察機
 KVR1(国産)
 彩雲艦上偵察機(日)
対潜哨戒機
 P3C(ア)
ヘリコプター
 AH64(ア)
 UH60改(ア)
 SH60改(ア)
護衛艦
 あまな改級(国産)
駆逐艦
 桜改級(国産)
 紅葉級(国産)
巡洋艦
 タイコンティロガ級(ア)
 杜若級(国産)
空母
 桜梅級(国産)
軽空母
 瑞香級(国産)
輸送艦
 あい改級(国産)
 こなぎ級輸送揚陸艦
補給艦
 あい級補給艦型改(国産)
潜水艦
 Lv2級(国産)  
小型艇
 Lv2ダグボート改(国産)
 Lv1装甲艇(国産)
ミサイル
 通常ミサイル
 精密ミサイル
 陸地破壊弾
 核ミサイル
 記念碑

―戦歴―
 鉄血戦争(2006年7月2日~同年同月4日)
 第一次箱庭大戦(200649~同年5月8日)
 リマダ戦争(2006128~同年同月30日)
 マリ・ソンガイ戦争(2005年12月23日)
 薬局国戦争(2005年9月25日)

―評価―
 全軍総じてカシュウ騎士道(武士道)の影響を強く受けており、正々堂々、正攻法での戦闘を好む。又、非戦闘員、敵国捕虜・傷病兵に対する残虐行為、酷使を嫌い、手厚く保護する。
 敵国捕虜は敵国に申し出て送還する慣習がある。
 鋼鉄製の具足を身につけた騎馬軍団や(現在はぎじょう隊として運営)軍刀の正式採用など、旧世紀的な面がある。 
 雰囲気重視の国土形成の為、実質的には非常に貧弱な防衛力の国。