敵キャラクター


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

<敵キャラ>


■ メデューサ ■


黄金色の瞳をした女、または男の姿で現れる。年齢不詳。

アダムとイブの意識から切り離された悪意そのもの。そのため男女共、二面性を持ち合わせている。かつて、神に優遇されていたアダムとイブを嫉み、蛇を使わせ「神の支配から逃れてみないか」と毒を吐かせた張本人。以後、この世に置かれた人の争いを糧にキメラを増産。神を降伏させるべく、アルディオークの覚醒を促している。その冷酷な眼差しに囚われた者は身体の自由を奪われ、石のように動けなくなる。ディーヴァスを「我が弟」と呼び、時折様子を伺っていたようだが、青年を救うために戦いを挑んできた彼を容赦なく抹消。捨て置かれた悪意の暴走は未だ歯止めが利かない。


武器>万能

戦闘スタイル>万能

特殊攻撃>必殺技。特殊魔法。

人柄>冷酷。残忍。
人ならば善意と両立させて精神の調和を図るものを、彼(彼女)には その反面がないため、悪の道一筋。仕方のない お方…。

『罪人を喰らってきたお前が『愛』などに喰い汚されて。盲目しきったか…』

『お前達の言う奇麗事など、所詮は己の罪悪を偽るための口実にすぎぬ』

『憎しみ、嫉み、欲、絶望…。押し殺すだけ押し殺し、何処へなりとも追いやるがいい…。どの道 いずれはキメラと化し、再びお前達の目の前に現れる日が来るのだ。好きなだけ切り刻め…! そして何度でも嘆き悲しむがいい…!』


ソーシ かきますー 〆⊂(゚Д゚⊂⌒`つ≡≡


■ アルディオーク ■


神の悪意。影。人の欲望や嫉妬心、絶望や憎悪に対する神の苛立ち。破壊神と呼ばれる。ラスボス。


<鍵を握る人物>


■ フェスカ ■


昔、セントバベルから逃れて来たと言う一人の男から、一つのペンダントと一人の少年を託された若者。

やがて彼は託された少年を『ラウル』と名付け、世話をするが。ある時 ペンダントとラウルの秘密を知り、セントバベルの追っ手から彼を逃がすために戦って以来、消息不明となっていた。

過去。アルカディアの主権を握る貴族の一人息子として生まれた彼だったが。ある日 キメラに襲われ、額から頬にかけて右目周辺を大きく裂かれる。それ以来、その容姿を疎ましく思うようになった彼の母親は、人目に曝すまいとして彼を森の奥に籠もらせ、一人で生活させていた。おかげですっかり人との接触を拒む陰険な性格に。しかし、ラウルを養うようになり、次第に心を開いていった彼は、やがて心を入れ換える。そして…セントバベルの追っ手からラウルを逃がす際、「このペンダントは君が持っているべきなんだ…決して誰にも渡してはいけないよ…」そう言ってラウルに別れを告げるが。成長した後のラウルが、とある理由から彼の意に反する生き方をしはじめていた事から。消息不明になっていたはずの彼の姿が時折、どこからともなく現れるようになる。

と、つまりな話。序盤~終盤に掛けては、ラウルの心配をしたり、パーティーメンバーに危険を知らせてくれたりと、いろいろ力になってくれる存在ですので。ディート君もある程度 信頼できるものと思い、「あんたも来いよ」とか言ってみたりなどするのですが。「…そうだね…。けれど それは…ラウル次第かな…」という事で。もしかしたら後々、仲間になってくれる? なんて思わせておいて。実はメデューサさん以上の強敵となる要注意人物です。

ソーシ かきますー 〆⊂(゚Д゚⊂⌒`つ≡≡

名前:
コメント:
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。