※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

hexdumpコマンドは、あるファイルを指定するフォーマットで出力するフィルターユーティリティだ。

標準Linuxでのhexdumpコマンド

概要

helpを表示してみる。
~ # hexdump --help
BusyBox v1.1.1 (2007.04.06-12:02+0000) multi-call binary

Usage: hexdump [-[bcCdefnosvx]] [OPTION] FILE

The hexdump utility is a filter which displays the specified files,
or the standard input, if no files are specified, in a user specified
format
        -b              One-byte octal display
        -c              One-byte character display
        -C              Canonical hex+ASCII, 16 bytes per line
        -d              Two-byte decimal display
        -e FORMAT STRING
        -f FORMAT FILE
        -n LENGTH       Interpret only length bytes of input
        -o              Two-byte octal display
        -s OFFSET       Skip offset byte
        -v              display all input data
        -x              Two-byte hexadecimal display
標準LinuxでのhexdumpコマンドはBusyBoxが動作する。