※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

/etcとは

別ページ「etcディレクトリとは」参照。
標準Linuxでも基本的に/etcディレクトリの役割は一般的なLinuxと変わりがない。

/etcの構成

実際に標準Linuxではどのような構成となっているか。
ファイルもしくはディレクトリ名 設定内容
BootFlag
default/ 起動時に読み込まれる設定ファイル
dhcpc/ DHCPクライアントの設定ファイルなどを保存するディレクトリ
fan.prof Fandの設定ファイル(冷却ファンの回転数と温度の対応)
first_boot
fstab Linuxの起動の過程で自動的にマウントするデバイスの定義
group
gshadow
host.info 玄箱PROのネットワークで使う名前
hosts IPアドレスと名前の対応(一部はLinuxの起動の過程で書き込まれる)
inetd.conf inetdの設定ファイル(非常駐型デーモンの起動)
init.d/ デーモンの起動と終了の仕組みを保存するディレクトリ
inittab Linuxの起動から終了の各段階で実行する処理
issue シリアルに接続した端末機に表示するメッセージ
issue.net issueへのシンボリックリンク?。ネットワーク経由で接続した端末機に表示するメッセージ
kurobox_release 標準Linuxのバージョン情報
ld.so.cache
ld.so.conf 共有ライブラリ?が保存されているディレクトリの定義
localtime
mtab /proc/mountsへのシンボリックリンク?。最新のマウントの状況
mtab~
netinfo 玄箱PROのIPアドレス(初期値はDHCPサーバから受け取る設定)
nsswitch.conf IPアドレスと名前の対応を参照する場所の優先順位
ntp.conf
ntp.conf.sv
pam.d/
passwd
profile 環境変数の初期値
resolv.conf
resolv.conf.sv
samba/ Sambaサーバーの設定ファイルなどを保存するディレクトリ
services inetdの設定ファイル(ポート番号とサーバーの対応)
shadow
skel/
syslog.conf syslogdの設定ファイル(ログの種類と保存場所の対応)
termcap 端末機の種類とエミュレーションの方法の対応
yp.conf
yp.conf.sv
※参考「玄箱PROで遊ぼう!!(71ページ)」(ラトルズ)