※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

基礎

 試合を始める最初の打球でありあの狭い一画での駆け引きはラリーと同等以上のものがある。特に奥画面からの技術は対戦でしか培われないので臆せずコマンドの練習も兼ねて臨みたい。
 入力のコツ等は各種サーブの所で記しているのでここではそれ以外の部分について。

 仮にどんなに速く良い所へ打ったとしても直前のクセや単調なリズムで読まれて強打されては意味が無い。
 初心者にありがちなパターンとしていくつか挙げると、
「ワイドで失敗→次はセンター」
「レットで打ち直し→同じ所へ打つ」
「ワイドに打つ時だけ間が長い」
「ゲージMAXはセンター、半端はワイド」
「チャンスはワイド、ピンチはセンター」
「誘われている事に気付かずアンダーサーブを打ってしまう」等々。
 これらを変えるだけでも全然違うので常に意識していきたい。

 リターンで2択を仕掛けるなら頻繁にやるよりもポイントを絞ってここぞという時に決めていく方が効果的。
 早い段階で相手のクセやパターンが読めても早々に仕掛けないこと。配球パターンを変えられてしまう。
 オススメな局面はマッチポイント直前の時(00-30、TB6-6等)。
 マッチポイントだと普段使わない人でも警戒されるので、一つ前の状況の方が決まりやすかったりする。
 決まれば少なからずプレッシャーを与えれるので相手の配球パターンを鈍らせたりTB時のこちらのサーブも心理的に優位に立てる。
 気を付ける点は必ず相手のサーブゲージが半分を超えた辺りで仕掛ける事。 その前だと最悪逆に打たれて失点、2択で構えているのもバレるので慎重に行動していこう。