※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

Powerful Strokes +


プレイスタイル紹介文:
ストローク重視。
力強い打球で、相手を振り回そう。

MAXサーブはPowerful Strokesと同じで193km/h。
(ブレークでもMAX193km/h。)

Powerful StrokesorGreat Returnerに+を付けようとすると、代わりにこのスタイルが提案されるらしい。

ブレークでGRから来た感想。
キックサーブになる。
バックのライジングショットがほとんど浮かなくなった。
当たり前だがショット力はかなり落ち、足が速くなった。
GRよりパワフルなスタイルで打つ。
サーブはセンターMAX193km/h
GRと比べてボレー力が格段に上がり、コントロールも若干良くなる。
ドロップが格段に出易くなった。

フェデラーでGR→PS+
  • サーブがスピンサーブになり、格段に曲がるようになった。
  • MAXServeSpeed 194km/h (+3km/h)
  • ストローク力
パワーはやや落ちるが気にならない。ライジングの高さの幅が狭くなった。また、短いボールや2バンギリのボールを打つときの前後の打点の幅がシビア。

  • ボレー
浮きにくくなったが打点を取れない時のひどさは相変わらず

  • コントロール
溜め無しのコントロールはあまり変わらないが、溜めればそれなりに良いコース、アングルに打てるので、2バンギリのラリーの時のプレイの幅が増える。

  • ディフェンス
足が速くなり、スライスのキレは落ちるものの、打点の幅がやや広がったので個人的には使い易い。また、カウンターの威力自体は落ちているようだが、足が速く、最高速状態でのカウンターが出しやすいので総合的には上がっているように思える。

まとめ
コントロールが悪くないので深いボールと短いボール、アングル、ストレート、奥入れスライス、ドロップ、最低打点味噌等、ストロークとしての技能をフルに活用して攻めに回りたい。
また、奥クロスなどでコートから追い出した場合は積極的に前に上がってトドメのショットやドロップ、ボレーを狙っていくとよい。
足回りは悪くないが、切り返しは相当もたつくのでレバー操作を誤ってしまうと悲惨なことに・・・。