※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

サービスの基本


テニスはサービス側が有利なルールになっているため、自分のサービスゲームをブレイクされることは負けに直結してしまう。このことはパワスマでも同じである。よってサーブがきちんとしていないと、勝つことは難しい。最低限サーブをコーナーに打てるように練習しておこう。

サーブにもキャラクターやプレイスタイルによって個性が存在する。最高速度はもちろん、サーブのゲージの上がり方や、コースの入力の受付時間などがキャラクター・プレイスタイルによって違うため、自分のキャラクターのクセを覚え、コースを完璧にして、MAX率を上げていこう。


サーブに余裕が出てきたら、スライスサーブも練習していこう。(テクニック参照)
スライスサーブはコースの調節がとても難しいが、マスターすれば大きな武器になる。また、+が付いたプレイスタイルになり、スライスサーブがスピンサーブに変化すると、スライスサーブとはまたコースの調節の仕方が違ってくるが、スピンサーブは両方のサイドでワイドに逃げるサーブを打てるのが強みだ。


次にサーブを打つ位置だが、最初はデフォルト位置か、センターいっぱいに寄った位置で打つのが良いだろう。理由は相手がどんな所にリターンを返してきても対応できるからである。しかしこれらの位置では、あまりサーブに角度が付かないため、サーブで相手を崩すのは難しい。

またワイドいっぱいに寄ってサーブを打つという方法もある。これはワイドへのサーブに角度が付き、相手を崩せることもあるが、ある程度うまい人はワイドへのサーブに対応するために、少しワイド側に寄ってくるだろう。少しワイド側によっても、センターへのサーブにも角度が付いてしまうために対応できるからである。なによりワイドに寄ると、反対側ががら空きになってしまうので、ストレートに強いリターンを返されたら対応できない。しかしスライスサーブはものすごい角度が付くので、相手が先読みしていても崩れることがある。

相手を揺さぶるために位置を変えるのもいいが、自分もリスクが大きいので、ここぞという時に使うといいだろう。


センターへのサーブ、ワイドへのサーブ、スライス(スピン)サーブの三つをマスターすることができれば、対人戦でも二択を当てられない限り、そうそう強いリターンは返って来ない。しかし勝負はそれからである。相手の甘いリターンから、自分がラリーの主導権を握れるようにするのが重要だ。