※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

Clay Courter+


Clay Courterからの変化。

MAXサーブは191km/h
全プレイスタイルの中で最も遅いスピンサーブを打つことができる。

グロの場合
  • スピンサーブの変化の仕方が激しくなる。
  • ストロークがFR時よりやや強いレベルにまでなる。
  • ボレー能力は悲惨な程に。
  • アングルが悪くなる。
  • コントロールは変わらず。
  • ストレートへのショットを打ったときのキレが増し、
 弾道が非常に低いので武器になる。
  • 足がFR時と同じくらいの速さになる。


ナダルの場合

  • サーブがスピンサーブになる。
  • 硬直が短く切り返しも良くなる。
  • 横移動はそのまま、縦移動が速くなる。
  • ストローク力が低下
  • カウンターショットが強くなる。
  • スライスの伸びが良くなる。
  • 打ち込まれた時の返球が甘くなりにくい。
  • ボレー力低下。
  • コントロール、アングル低下
  • ドロップはAAくらいの出やすさ。

ブレークで気づいたCCからの変化
  • 球質が変化し、スピン量が増える感じ
  • その反面、バックの低打点フラット強打がやや出づらくなった
  • 硬直はほんのり良化
  • 他は知らん
  • 装備はデントデフォラケ、黄緑っぽいシャツですた

考察
遅いスピンサーブで浮かせた玉を強打していきたい。
足回りが非常に良いので、かなりのシコラーになるが、
こちらのボールコントロールもあまり良くないので、
決めきれないことが多いかもしれない。
ボレーもできないのでひたすらストローク戦になる。


ヒューイットの場合

  • 足が遅くなる。走り出しと切り返しは触れてすぐ気づくレベル。
  ただし、脅威のカウンター性能は健在なので、大概のボールは追いつける。
  • ストロークの威力は変わらず。ただ、低い打点でも強打しやすくなった。
  特にツーバンギリでの強打は、低く鋭い球を相手に返すので、攻めに使える。
  • ストレートのアングルが若干よくなったが、まだ決め手にはならない。
  • ショートクロスのアングルは相変わらずで、あっけなく拾われる。
  • タメなしショットのアングル・威力、共に弱体化。
  返球は真ん中によりやすく、たまにど真ん中に返す。

  • スライスも同様に、低い打点を鋭く返すようになった。
  ただし、アングルが絶望的なのは同じなので、不用意なストレートは禁物。
  防御の意味でのクロス打ちがベターといえる。
  • ボレーの浮きが若干良化したが、打球の勢いは変わらずイマイチ。
  決して悪くはないのだが、決め手とするなら相当のボレー技術が要求される。

  • 全体として…
 低い打点をトップ・スライス、共に安心して打っていけるようになったのは大きい。
  なおかつカウンターもすごいので、
  下がって打ち合えば、簡単に抜かれることはないだろう。
 ただし、足の遅さとタメなしショットの弱体化から、
  防御力が下がっているのは明らか。
  今まで追いつけていた球、難なく返していた球に、
  苦戦を強いられることになる。
 サーブと打点をとるか、足の速さと安定感をとるか、だと思います。