※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

リターンの基本


 パワスマで最も難しいのはリターンである。相手COMのレベルが低かったり、対戦相手が初心者である場合、真ん中に来たサーブをトップスピンで溜めて、リターンエースを獲得してしまえば良いが、こんなに楽にリターン出来るなら苦労しない。

 パワスマが上手い人はサーブが上手くて当たり前。そういう人達が放つコーナーMAXサーブを、いかにピンチを作らずリターン出来るかが、勝負のカギを握っている。また、リターンの仕方は人によって様々であり、パワスマンの個性が発揮される場面でもある。


 リターンには大きく分けて、
① 動かないでリターン
② 動いてリターン
の2種類がある。


 ①の動かないでリターンは、デフォルト位置のままで、相手のサーブがセンターかワイドか関係無く、ボタンを早押ししてリターンする方法である。この方法の利点は、楽であること、甘いサーブは強打できる事である。初心者~中級者に多く見られるレシーブ方法だが、デフォルトのレシーブ位置が丁度いいポジションであるため、これでも結構なんとかなったりする。COM戦のStage3辺りまではコレで通用する。

 この方法が成功するかどうかは、キャラの捕球範囲と、相手のサーブ技術次第である。コーナーぎりぎりを突いてくるMAXサーブや、ワイドに逃げるようなスライスサーブにはからっきし弱い。スライスサーブを打ってくる相手には使わない方が無難である。


 ②の動いてリターンは、さらにまた多くのパターンが存在するが、基本的に相手がサーブを打った方向を見てから、そちら側に移動して球を拾いに行くレシーブ方法である。溜め時間が短くなるので、スライスでリターンするのが基本となる。

 動き方は人によって色々で、サーブ中ぐるぐる動いたり、ワイドやセンターに2,3歩下がったり、コート外から走り込んだり、デフォルト位置から超反応で移動するなど、色々なやり方がある。どれが最高というのは無く、自分に合った方法を選ぶのが一番だ。色々試してみると良いだろう。


 また、センターサーブにショートストレート、ワイドサーブにショートクロスを返す事が自然に多くなる。これは安全なリターン方向を考えれば当然の選択だが、パターン化してしまうと相手に読まれるので注意。リターンも左右に打ち分ける事を意識しよう。