キミキス*KimiKiss @Wiki 祇条深月 Lv0-1

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

Lv0-1

祇条深月の話題袋
学校生活 3
勉 強 2
運 動 2
娯 楽 2
おしゃれ 2
食べ物 2
美 容 2
恋 愛 0

学校生活

  • 世間話 
(理科準備室で)
相 原「理科室は暗くて、ちょっと不気味だよね」
祇 条「はい。特に理科準備室は苦手です」
(理科ではダウンしました)

相 原「今日も暑いね~」
祇 条「クスッ、そうですね」

相 原「祇条さんの好きな授業って何?」
祇 条「音楽です」
相 原「そっか、ピアノが得意だしね」
祇 条「はい」

相 原「流行って気にする方?」
祇 条「私は流行よりも、伝統を大事にしたいと思ってます」

相 原「学校でよく行く場所ってどこ?」
祇 条「音楽室です。あと、テラスもお気に入りです」
  • 部活 
  • 制服 
相 原「祇条さんの制服姿って、何て言うか・・・ 清楚な感じがするよね」
祇 条「い、いえ、そんなこと・・・」
相 原「そっか・・・」
  • 委員 
  • 校則 
  • 先生 
相 原「祇条さんの好きな先生って誰?」
祇 条「どの先生も好きですよ。いい先生ばかりですから」
  • 転校 
相 原「転校したいって思ったことない?」
祇 条「え? どうしてそんなことを?」
相 原「いや・・・、ちょっと聞いてみたかったんだ」
祇 条「そうですか・・・。私は輝日南高校が好きですから、転校なんて・・・」

勉強

  • 自宅学習 
相 原「祇条さんって、家でどれぐらい勉強してる?」
祇 条「毎日2、3時間です」
相 原「そっか、ちゃんと勉強してるんだね」
祇 条「その日に学んだことは、その日のうちに復習しないと、身に付きませんから」
  • 成績 
相 原「祇条さん家って成績に厳しい?」
祇 条「はい。あまり成績が悪いと、お父様にしかられます」
祇 条「なので、普段からきちんと勉強するように心がけてます」
  • 受験 
  • イタリア語 
相 原「祇条さんって、イタリア語に詳しい?」
祇 条「いえ、英語は好きなのですが、イタリア語はよく分からないです」
相 原「そっか・・・」 

運動

  • 体育 
相 原「祇条さんって、体育得意?」
祇 条「創作ダンスや、マット運動なら」
祇 条「私、小さい頃からクラッシックバレエを習ってるんですよ」
(体育館、体操服時) 
相 原「祇条さん、体育だったんだ」
祇 条「はい」
相 原「何やったの?」
祇 条「バドミントンです」
相 原「へ~っ、そうなんだ」
祇 条「バドミントンって、ちゃんとやると難しいですよね。原っぱで遊ぶのとは勝手が違います」
(校庭、体操服時) 
相 原「祇条さん、体育だったんだ」
祇 条「はい」
相 原「何やったの?」
祇 条「100メートル走と走り幅跳びです」
相 原「へ~っ、どうだった?」
祇 条「走るのはあまり早くないのですが幅跳びは得意なんですよ」
祇 条「クラシックバレエを習ってますからジャンプは得意なんです」

  • 水泳 
  • スポーツ 
相 原「テレビでよく見るスポーツって何かある?」
祇 条「ゴルフをよく見ます。お父様が好きですから」
  • ダンス 
相 原「バレエのスピンって目が回りそうだよね」
祇 条「フフッ、大丈夫です。慣れてますから」
相 原「そっか・・・」

相 原「クラシックバレエの練習って大変そうだよね」
祇 条「大変と思ったことはないのですが・・・」
祇 条「どうしてもうまくできない時は、悔しくて泣いてしまいます」

娯楽

  • 音楽 
相 原「CDって何枚ぐらい持ってる?」
祇 条「私が持ってるのは5枚くらいです」
相 原「意外と少ないね」
祇 条「はい。でも、LPならたくさんありますよ」
相 原「LP? 今時?」
祇 条「お母様から譲りうけたものなんです。とても暖かみのある音がするんですよ」
  • 映像 
相 原「映画館へはよく行く方?」
祇 条「映画館へは行かずに、DVDで見ることが多いです」
祇 条「何度でも見られますし、家族みんなでくつろげますから」
きっと凄いホームシアターなんでしょうね。
ところで「観る」じゃないの?

相 原「祇条さんの好きなテレビ番組ってどんなの?」
祇 条「ドラマや映画をよく見ます」

相 原「毎週見てるテレビドラマってある?」
祇 条「週末に悲しい純愛ドラマがあるんですけど・・・」
祇 条「泣くと分かっているのについ見てしまうんです」
相 原「ははは、そうなんだ」
祇 条「はい」
  • 読書 
相 原「漫画の本って読む?」
祇 条「小学生の時は読んでました」
祇 条「でも、次第に読まなくなって、今では滅多に読みません」
相 原「そっか」
祇 条「本棚にある少女コミックスを見ると懐かしくて」

おしゃれ

  • ショッピング 
相 原「祇条さんの月の小遣いっていくら?」
祇 条「きちんと決まってはないのですが3千円ぐらいです」
相 原「そうなんだ。意外と少ないね。もっともらってるかと思った」
祇 条「大きなお金を持ち歩くのは良くありませんから」
  • ファッション 
相 原「祇条さんって、どんな服が好みなの?」
祇 条「かわいらしくて、清楚感のある服が好きです」
  • アクセサリー 
相 原「パーティで着けるアクセサリーって高価なんだろうね」
祇 条「お母様からいただいたものなので値段は分からないのですが、きっと高価なものだと思います」
祇 条「キラキラ光って、とてもきれいなんですよ」
  • 化粧 
相 原「祇条さんって化粧したことある?」
祇 条「はい。パーティがありますから」
相 原「あ、そっか」
祇 条「でも、普段はほとんどしないんですよ。軽くリップを塗る程度です」
  • 水着 
相 原「祇条さんって、何枚ぐらい水着持ってる?」
祇 条「えっ! み、水着ですか?どうしてそんなこと…」
相 原「あ…いや、答えにくければ、答えなくていいんだ。ははは…」
(スクール水着時) 
相 原(祇条さんのスクール水着姿…)
祇 条「相原さん、どうかなさいましたか?急に黙ってしまって」
相 原「あ…ごめん、つい…水着が気になって」
祇 条「え…」
祇 条「そ、そうですか…」

食べ物

  • 食事 
相 原「祇条さんの好きな料理って何?」
祇 条「野菜を主体にしたメニューが好きです」
相 原「例えば?」
祇 条「季節の野菜のテリーヌやポワレなどです」
祇 条「暑い日は、冷たいヴィシソワースをいただくと食欲が湧くんですよ」
さっぱり分かりません。

相 原「祇条さんって、毎朝、朝食取ってる?」
祇 条「はい。もちろんです」
祇 条「今朝は、パケットを薄く切って焼いて、オレンジマーマレードを塗って食べました」
相 原「へ~っ、うまそうだね」
祇 条「はい、とっても

  • 甘いもの 
相 原「祇条さんの好きな甘いものって何?」
祇 条「紅茶と一緒にいただく、クッキーやチョコレートが好きです」

相 原「甘いものってよく食べる?」
祇 条「はい。お茶のお供に欠かせませんから」
  • ドリンク 
相 原「祇条さんの好きな飲み物って何?」
祇 条「紅茶です。毎日飲んでます」

相 原「ミルクティとレモンティどっちが好き?」
祇 条「レモンティならダージリン、ミルクティならアッサムと、紅茶の特性に応じて飲み分けてます」
祇 条「ダージリンは香り、アッサムはコクのある味わいが特徴なんですよ」

相 原「冷蔵庫にいつも入ってる飲み物って何?」
祇 条「ミネラルウォーターと、水出しのアイスティを入れてあります」
相 原「水出しのアイスティ?」
祇 条「はい。香りが良くて、清涼感があって、とってもおいしいんですよ」
  • 手料理 
相 原「祇条さんって、自分で料理する?」
祇 条「はい。シェフから週に1回、料理の手ほどきを受けてるんです」
祇 条「なので、得意料理はフランスの家庭料理が多いんですよ」

相 原「最近作った手料理って何?」
祇 条「夏野菜のラタトゥイユを作りました。とってもおいしく出来たんですよ」
  • うどん 
  • ジャンクフード 
相 原「祇条さんって、ジャンクフードとか、あまり食べないよね?」
祇 条「ジャンクフード・・・ですか?」
相 原「そう。ポテチとかファーストフードとか」
祇 条「はい。あまり食べないです」
相 原「やっぱり・・・」

美容健康

  • 健康 
相 原「祇条さんって、何時ぐらいに寝てる?」
祇 条「11時ぐらいですね」
相 原「結構早いね」
祇 条「夜更かしは美容の大敵ですから」

相 原「祇条さんって、何か健康にいいことしてる?」
祇 条「簡単なヨガをやってます」
相 原「ヨガ?」
祇 条「はい」
祇 条「体のゆがみが取れて、とってもいいんですよ」
  • ダイエット 
相 原「太らない秘訣って何かある?」
祇 条「私は・・・いろいろなものをバランス良く少しずつ食べてます」
祇 条「食べ過ぎが一番良くないですから」
相 原「なるほどね」

相 原「祇条さんって、ダイエットしてる?」
祇 条「いえ、特には」
祇 条「ただ、食べ過ぎないように注意はしています 太るとバレエの先生に怒られますから」
  • 体 
相 原「祇条さんって、きゃしゃで小柄だよね」
祇 条「はい。私服で歩いていると、中学生によく間違えられます」
相 原「ははは、そうなんだ」

行動

  • ほめる 
相 原「祇条さんって、すごくおしとやかだよね」
祇 条「そ、そんなことないです…」
相 原「そうかな?おしとやかだと思うけど」
祇 条「あ、ありがとうございます」
  • みつめる 
相 原「祇条さん・・・」
じ~~~~~~~~~っ
祇 条 「あ・・・」
じ~~~~~~~~~っ
祇 条 「そんなに見つめられると、困ります」
相 原 「ははは・・・そうだよね・・・」
  • 微笑む 
相 原「祇条さん・・・」
祇 条「何ですか?」
にこっ
祇 条「・・・・・・」
祇 条「フフッ」
相 原(やった! 微笑み返してくれた!)
  • かっこつける 
相 原 (よーし、かっこいい顔して、バッチリ決めるぞ!)
相 原 「祇条さん・・・」
祇 条 「何ですか?」
キリッ!
祇 条 「あ・・・」
祇 条 「私・・・何かいけないことをしたでしょうか?」
相 原 「あ、いや、そうじゃないんだ。変な顔してごめん。気にしないで」
祇 条 「そうですか・・・?」
相 原 「怒ってる顔に見えたのかな・・・?」
  • 手を握る 
相原(よ~し、思い切って手を・・・)
ぎゅっ
祇 条 「きゃっ!」
祇 条 「あ・・・」
相 原 「あ・・・」
祇 条 「ご、ごめんなさい。・・・でも、困ります」
相 原 「そ、そうだよね。ごめん」
祇 条 「・・・・・・」
  • カミカゼ 

その他

  • 3回連続成功
祇 条「フフッ、相原さんの話って、どれもとっても素敵ですね」

祇 条「相原さんって、素敵な話を色々ご存じなんですね」
  • 5回連続成功
祇 条「相原さん、もう少し二人でお話ししてもよいですか?」
相 原「もちろんだよ。じゃあ…」