|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|

特殊役の説明


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

特殊役はまだ考案中なので、鵜呑みにすると痛い目にあいます。
もし登場する場合は司会者から役の説明がある(と思う)ので、そちらを参考に。

妖孤(第3勢力、仮設定)

使用アイテム
帽子
能力
人狼が攻撃してきても死なない(死ねない?)。
出現条件
人数が多いとき(13人以上推奨)、狼がたくさんいるとき(3匹以上推奨)に1匹だけ出現することがありますが、司会者から宣言があります。同時に、必ず狩人が出現します。
主な役割
潜伏して、狼が狂人以外の村人を全滅させるのを待ちます。村人がいなくなった瞬間、狼と狂人を洗脳してしまいます(狐勝利)。狼が全滅してしまったときは、次の狼がやってくるまで潜伏します(村勝利)。

狩人(村人側、仮設定)

使用アイテム
ナイフ又は銃、帽子
能力
夜の時間に1人だけ同じ部屋にいる人を攻撃することが出来る。狼と同じ部屋になったときは、先に攻撃した方の勝ちとなる。(どちらも譲らない場合は相打ち判定もあり)
呪い
狩人は夜の時間攻撃することが出来るが、しないでパスすることも選べる。しかし、パスは2回しか出来ず、3回目のパスを行うと死んでしまいます。また、自らが狩人であることを宣言しても呪いにより死にます。
出現条件
妖孤が出現するときには必ず出現しますが、狩人のみが出現するときもあり(パスは1回のみとなる)、司会者から宣言があるとは限りません。
主な役割
妖孤をリンチ以外で殺すことができる唯一の職業です。ただし、誰でも殺すことができるうえ、自らの役職を公表できないので、立ち回りに工夫が必要です。自分を除く村人側が全滅した場合、村人側の負けになります。





特殊役採用時の勝利条件

  • 村人側【村人・牧師・祈祷師・狩人(※1)】
    • 人狼を全滅させる。(妖狐の生死は問わない=妖狐には洗脳されない)
    • 期限が来た時、村人側のうち1人でも生存している。
  • 人狼側【人狼・狂人】
    • 村人側が全滅した時、妖狐が死亡している。
  • 妖狐側【妖狐】
    • 村人側が全滅した時、妖狐が生存している。(残った人狼側を洗脳という設定)

※1
  • 【狩人】は”村人側の味方”ですが、勝利条件にはカウントしません。
    • 村人側のうち狩人だけが残った場合、村人側全滅とみなし、その地点で負けになります。



採用時の基本戦略

  • 村人側
    • 妖狐は人狼側と同一視してもかまわない(妖狐が残ってても人狼が全滅すれば勝利する為)
      • ただし、人狼を吊らないと負けが確定する場面では正確に見破る必要がある。
    • 狩人のパスが無い状態で同室してしまうと切られるので、後半は同室になるのを避けるべき。
    • 人狼が妖狐を噛む事・狩人2パス制限による「パスロジック崩れ」が起こる事がある。
    • 狩人は勝利条件に含まれないため、村人の身代わりになる事もできる。
  • 人狼側
    • 妖狐を噛めば「パスロジック崩れ」が起き、パスも消費せずに済むので一石二鳥。
    • 妖狐は人狼を残す事を考えてくる為利用する事も可だが、最後まで置いておくと妖狐に勝利をもってかれる。
      • 序盤に狩人に倒してもらうか、リンチで濡れ衣を着せ吊る必要がある。
    • 狩人を早めに見破らないと、後半に苦戦を強いられる。妖狐が残ってると尚更。
  • 妖狐
    • 村人を減らしつつ、人狼に噛まれて正体がバレないような工夫が必要。
    • 狩人が最大の敵。早めに吊ってしまうか人狼に倒してもらうかするべき。


応用戦略として

  • 村人側
    • 最後の村人が吊られそうになった時に、狩人を村人の身代わりとして吊らせる。
    • 狩人のパスが残り0の時、自分たちの身の安全をキープすべく狩人を吊る。
    • 狩人の時、残りパス確保の為あえて村人を切ってしまう。(間違っても祈祷師切ってはいけないが)
  • 人狼側
    • 狩人にばっさばっさと他の役を切ってもらい、自分たちは人狼同室でやり過ごす。妖狐が死亡すれば儲けモノ。
    • 人狼の時、もし狩人と同室した場合、人狼が多く残っていればあえて切られて死亡するのもアリ。
  • 妖狐側
    • 狂人のフリをする。人狼には噛まれづらくなるが狩人には切られやすくなる。
    • 村能力者のフリをする。能力者残す為に村人が自ら吊られてくれるかも。他に能力者がいると逆に吊られやすくなるが。
    • 村人側との同室を狙う。(人狼だとバレるし、狩人だと切られる)
    • 人狼が残り1・狂人が0~1程度の時、人狼と同室になり噛ませ、狩人倒しに協力させる。


死亡する条件

  • 通常
    • 人狼が死亡させる。
    • 狂人が自殺する。
    • 祈祷師が人狼をカウンターする。
    • 人狼が2パスする(レア)
  • 特殊役特有
    • 狩人に切られる。
    • 狩人が3パスする(妖狐出現時。レア)


このルールの特徴

  • 人狼の戦略が若干広がっている。
    • 通常ルールより高難易度。ロジックも若干組みにくい。
    • ロジックでカバーできない部分が多いため、言葉の戦略も要求されるかも。
  • やっぱり多人数推奨。配役する時は「村人側」>「人狼側+妖狐」がベター。
    • 人狼2の時も採用していいかもしれないが、それは実験を。
  • 日数は通常の配役通りでいいと思う。妖狐で若干伸び、狩人で若干縮む。
    • 心配であれば1日くらい長めにとる。



(気づいた点については追記してください。 4/27)
  since 06.05.23
Total - .

コンテンツ

管理


著作権表記

LUPUS IN TABULA (c)2005 daVinci Editrice
Copyright(C) 2008 GCREST Co., Ltd. All Rights Reserved.
(C)Copyright 2008 NtreevSoft Co., Ltd. All Rights Reserved.
Ntreev and Trickster are registered Trademarks