※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ウインドウレイアウトマネージャ


このセクションでは、必要に応じ Cheetah3D のウインドウレイアウトを変更していくのがどんなに簡単なのかを説明します。



各ウインドウレイアウト間の切り替えは、ツールバーの「window layout」プルダウンメニューあるいは「Window->Layout->...」メニューコマンドのどちらかを使います。

カスタムレイアウトを作るには、まずツールバーの「window layout」プルダウンメニューから「Custom Layout 1」を選びます。大きな3Dビューが現れます。



そこで 3D ビューのタイトルバー内を「ctrl+click」すると、ビューを水平に分割するのか(Split horizontally)または垂直に分割するのか(Split vertically)尋ねてくるコンテクストメニューが開きます。この例では垂直に分割してみます。



Split vertically コマンドを実行すると 3D ビューが2つに分割されます。ここでビューのタイプを変更できます。3D ビューのタイトルバー内をもういちど「ctrl+click」してください。ここではメニューアイテムから「Object Browser」を選びました。



右側の 3D ビューが「Object Browser」ビューに変わりました。これからまた新しくできた「Object Browser」ビューを分割していくことができます。

レイアウトができたら、ツールバーの「window layout」プルダウンボタンから「Save layout」コマンドを使って、新しいレイアウトを保存します。