※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

【声優】「辻 親八」
【ギルド】「イコロ」→「無所属」

背中に”天狗”の二文字の法被、天狗のような面に下駄を履いたPC。
べらんめぇ口調の豪快な江戸っ子キャラ。

一見奔放に見えるところは”がび”と似ているが、彼と違って確固たる意思をもって自ら動いている。
ギルド「イコロ」創設者の一人。現在は一線を退いているがアリーナではまだまだ現役のようだ。
創立当初の理想とかけ離れ、メンバーがプライドなどに腐心する「イコロ」の現状を憂えている。
ハセヲがアリーナで戦う姿に「イコロ」再建の可能性を感じ、ハセヲに何かと協力するようになる。


「吹いたな、小童?”男に二言はない”という言葉を知ってるか?」


リアル:
本名「緒方 幹久」(おがた みきひさ)。男性。35歳 。都内在住のプロレス雑誌編集者。

古き良き昭和プロレスをこよなく愛している。
二児の父親だが、仕事とネットのためにあまりコミュニケーションできていないのが悩み。
妻はネットにもプロレスにも興味なしだが「好きならいいんじゃないの」と理解はしている。

イコロを追い出された彼はある日、アリーナでかつて尊敬するカリスマプロレスラーの姿を垣間見る。
不器用だがどこか人を引き付ける戦い方をするPC。
そこで彼は、そのPC―ハセヲをイコロのメンバーにぶつけて目を覚まさせようと画策する。



制作側コメント

◆キャラクターデザイン
主人公に色々ちょっかいを出してくる押し掛け師匠的なキャラ。
初期デザインはいかにも呑んだくれでまん丸に太った、一昔前の香港映画に出てきそうなアクの強い親父だった。
「こんなナリだが実はイコロの創設者」というサプライズの演出の一環だったわけだが、
やはり師匠としてのそれなりの威厳というか格好がつくデザインの方が良いのではないかということで、
アクの強さは残しつつ色々検討し、今のデザインになった。

天狗、漢字は「The World」的にダメかな~と不安を抱きながらチェックを受けたところ、
意外に好評だったのを覚えている。どうやら漢字はOKらしい。




| 新しいページ | 編集 | 差分 | 編集履歴 | ページ名変更 | アップロード | 検索 | ページ一覧 | タグ | RSS | ご利用ガイド | 管理者に問合せ |
@wiki - 無料レンタルウィキサービス | プライバシーポリシー