箱庭外交戦略 スナイパー弾

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

スナイパー弾

通称S弾

改造により新たに追加されたミサイル
貯蓄が無ければ発射する事ができない

能力

誤差無し
防衛不可能
金額5兆円

条件

通常ミサイル/精密ミサイル/陸破ミサイル/工作員の破壊活動
上記何れかを200発使用する事で、1発分のS弾が入手できるシステム

用途

防衛基地が無効である事を利用しS弾を掃射する事で、敵の国土を確実に破壊できる。
未だ使用されておらず、未曾有の可能性を秘めている。

影響

この兵器を導入する以前は軍事演習が行われていたが、軍事演習によってS弾を大量保有できるという問題を解決する為、非道的行為の禁止宣言が採択された。当宣言では、法規的には軍事演習は問題ないが、合意の下軍事演習が禁止される。