NEWS


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。


小作ソフトを降し1部残留 2012/09/16

 9月15日秋季大会1部リーグ最終戦。すでに2敗を喫し、負ければ2部転落と後がない双葉富士見は、小作ソフトと対戦。1回表、玉内選手のホームランが飛び出し2点を先制、その裏1点を返されるが、その後は根岸投手の要所を締めるピッチングでホームを踏ませず、結果3対1で勝利、1部残留を決めた。

M1に最終回逆転負け 2012/08/26

 8月26日秋季大会が開幕。初戦の相手は若手中心のチームM1。序盤2対2の同点から連続バントと相手のエラーにより2点を追加し、4対2と勝ち越して最終回を迎えた。しかし根岸投手の投球が乱れ、フォアボールやデッドボールで満塁となり、タイムリーを打たれ逆転負け、厳しいスタートとなった。

双葉富士見優勝! 2年ぶり1部昇格 2012/04/22

 4月22日、リーグ1位で決勝トーナメントへ進んだ双葉富士見は、準決勝の相手上水ソフトに9対1で快勝し、決勝戦も松原ソフトを6対2で下し、優勝を果たした。次の秋の大会では、2年ぶりに1部昇格となる。



好打で接戦制し2勝目 2012/04/01

 4月1日、春季大会第2戦の相手は、島田組ドコーズ。1回に4番高木選手の犠牲フライで1点を先制したが、2回に守備のエラーなどで2点を取られる。しかし4回に玉内選手のタイムリーで同点とし、最終回には、代打の下地選手が逆転のタイムリーを打って試合を決めた。これで2勝目、次のエルAとの試合に勝てばリーグ1位で決勝トーナメントへ進む。



試合を決めた4番のひと振り 2012/03/25

 3月25日、待ちに待った春季大会が始まった。リーグ戦の初戦は、松原ソフト。2回にアンラッキーなライト前ヒットで1点を取られるも鹿又選手のタイムリーで逆転。さらにダメ押しとなる4番高木選手のツーランホームランにより、5対に2で勝利。根岸投手も落ち着いた投球で完投。第2戦もこの調子で行ってほしい。


春季大会まで1か月、調整は順調! 2012/02/26

 2月26日、1か月後の春季大会に向け、富士見公園グラウンドで練習が行われました。気温7度という寒い日にもかかわらず選手の動きは良く、調整は順調のようです。
 まずは初戦を勝って勢いをつけたいところですね。