FAQ


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

公式ページのFAQを和訳する予定。
順次追加していきます。




一般的な質問


ダウンロード

ダウンロードフォームが使えない

 bugs@ccl.northwestern.edu へ問い合わせる。
 フォームの不具合解消、もしくは別の方法でダウンロードさせてもらえる。

ダウンロード以外での入手方法

 今のところ無し。
 ダウンロードに問題があるようだったら feedback@ccl.northwestern.edu. へ問い合わせる。

サンプルモデルが少ない・入っていない

 Windowsユーザの場合は "without VM" からダウンロードしてないか確認。
 "without VM" からダウンロードした場合はアンインストール、"with VM" をインストールする。
 もし "with VM" でもサンプルモデルが見られないようならbugs@ccl.northwestern.edu へ問い合わせを。

バージョンの違うNetLogoを同時に使える?

 使える。
 フォルダはバージョンごとに分けられているため問題無し。
 ただしWindowsの場合は最後にインストールした方がデフォルトで起動するので注意。


どうやってインストールするの?

 プラットフォームによって異なる。
 Linux:適切な場所にディレクトリを解凍
 Mac:解凍後、ディレクトリをApplicationへコピー
 Windows:
  インストール後、フォルダを移動
  (原文:Install NetLogo and then copy the resulting directory onto other machines)
  スタートメニューには表示されない、自動的に関連づけされないので注意。
  以下のようにレジストリをいじることで可能になる模様。

[HKEY_CLASSES_ROOT\.nlogo]
@="NetLogoModelFile"

[HKEY_CLASSES_ROOT\NetLogoModelFile]
@="NetLogo model file"

[HKEY_CLASSES_ROOT\NetLogoModelFile\DefaultIcon]
@="%TARGET_PATH%\\Model icon.ico,0"

[HKEY_CLASSES_ROOT\NetLogoModelFile\shell\open\command]
@="\"%TARGET_PATH%\\NetLogo 4.0.2.exe\" --launch \"%1\""

[HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\Windows\CurrentVersion\Uninstall\NetLogo
4.0.2]
"DisplayName"="NetLogo 4.0.2"
"UninstallString"="\"%TARGET_PATH%\\UninstallerData\\Uninstall
NetLogo.exe\""


アプレット


動作

CDから起動出来る?

 出来る。ROMからなら動作可能。

バッテリー動作中のWindowsだと動作が遅い

 通常省電力モードだと多少速度が遅くなるが、Javaのバグにより極端に動作が遅くなることがある。
 そのため、充電中でなくても省電力モードにしない、もしくはNetLogoフォルダ内の .lax ファイルを
 以下の部分を編集することで回避出来る。

   lax.nl.java.option.additional=-Djava.ext.dirs= -server -Dsun.java2d.noddraw=true

 また、ファイルの末尾に以下のように付け加える。

   -Dsun.java2d.ddoffscreen=false

 このバグなどの詳細はこちらで。


Linux環境で動かない


NetLogoをコマンドラインから実行出来る?



使用方法

実行速度を早く設定すると動きが止まって見える

 NetLogoではモデルを速く動かすときに描画回数を減らしている。このため、実行速度を早く設定するほど
 動きが止まって見えてしまう。tickカウンターを用意すると、動きは止まって見えても処理が行われている
 ことが確認出来る。

 また、少しずつ実行速度を上げていくことで、処理が速くなっていることが確認しやすくなる。

パッチの数を調節したい

 Interfaceタブに切り替え、画面右上にあるSetting...ボタンを押すとダイアログが出てくる。
 このダイアログで2D画面(モデルが描画される黒いスペースのこと)の設定が出来る。
 もしくは、Interfaceタブの2D画面の左上に矢印マークを押すことで、2D画面のサイズが変更出来る。

マウスで2D画面にペイント出来る?

 NetLogoで実装はしていないが、数行コードを書き足すだけで実行出来るようになる。
 サンプルモデル内の Code Example > Mouse Example を参照。

 また、James Steiner氏が描画ツールを作っている。ここからダウンロード出来る。

GIS(地理情報システム)データの利用

 拡張機能から利用出来る。拡張機能(準備中)を参照。

複数のファイルにコードを分けられる?

 出来る。__includesを使うことで可能。

プログラミング


マイナスの数字を使いたい

 3通り方法がある。

   (- x)
   -1 * x
   0 - x

 最初の方法だけ ( ) が必要。

配列は使える?

 純粋に配列を使用するなら拡張機能を利用する。
 詳しくは拡張機能(準備中)へ。

複数のタートルが同じパッチに配置されるのを防ぎたい

 サンプルモデル > Code Exsamples内の "One Turtle Per Patch Example" を参照。

タートルが死んでいるか確認する

 タートルが死んでいるときには nobody が返されるため、これを使って判別する。
( nobody = 該当するタートルやパッチがいないことを示す)
 例:
   if turtle 0 != nobody [ ... ] ;; もしタートル0がいたら [ 処理 ] を実行

 もしくは "is-turtle?" を使うことも出来る。
 例:
   if is-turtle? turtle 0 [ ... ] ;; もしタートル0がいたら [ 処理 ] を実行

ハッシュテーブルや連想配列は使える?

 Table Extension を利用することで使える。詳しくは拡張機能へ。

distance と in-radius を使うと間違った値が出力される


BehaviorSpace


拡張機能

拡張機能を自作したら "org.nlogo.apiが無い" と言われた

 コンパイルする際に NetLogo.jar をクラスパスに入れておく必要がある。
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。