※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

「・・・30分経過、ですか。」
メルフィーは木の手に持ってもらっている懐中時計を見ながら言う。
その近くで、
「はっ、くぁっ、だありゃあ!」
ゼロは、叫びながら、沢山の木の腕と戦っていた。
「ふーむ、型も完成してきましたです。」
メルフィーは楽しそうに観戦している。
「ですが、まだIMが出せていないです。・・・やっちゃいます、です。」
メルフィーはそう言うと、隣に置いてあった大きな斧をひょいと持ち上げる。
服の中からは木が覗いていた。
「はい、ストーップです。」
メルフィーがそう叫ぶと、木の腕達は忽ち動きを止め、シュルシュルと元に戻っていった。
ゼロも刀を鞘に仕舞う。
「あ、ゼロさんはまだですよ。」
「・・・えっ。」
「次は、ワタシと戦ってもらうです。」



シロタカが貰った手紙。
書く所が無いからここに。


親愛なる友人、シロタカへ。

この前の話について、考えてくれただろうか。
協力してくれるのであれば、先程の女性に返事をして欲しい。


追伸
時間が無い、早めに頼む。

                          黒金。      
|