※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

そうた、自分の名前を言うのを忘れていた。

私は、ゼィル・ハイム。

何故、親が「ゼィル」なんて読みにくい名前にしたのかは知らない。

ジル、とでも呼んでくれ。

私は今、パンと、スープと、少しの野菜―――朝食を食べ終わり、仕事にかかっている。

私の仕事は、「文士」だ。

もっと簡単に言うと、「小説家」。

売れている訳ではないが、売れていない訳でもない。

ある程度、生活できるぐらいの収入は得ている。

今日も、淡々と、文をある程度、書き続ける。

時々、ルーが誤字を教えてくれる。

頭に知識として、「そのまま入ってくる」ので、とても分かりやすい。

その度、私はお礼を言う。

ありがとう、と。

 

|