※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

「・・・これを運べと?」
「文句あるですか」
目の前の大量に置かれた、マンション並の大きさの木を見ての事だった。



「おはよう御座いますです、ゼロさん。朝は早いんですね。」
昨日と同じ格好のまま客室から出てきたゼロに言う。
「学校に行ってる身だからな。自分の家じゃ朝飯も殆ど自分で準備せにゃならんし、嫌でも早起きになるよ。」
「そうなのですか、朝ご飯はもう出来ているですよ。」
木製のテーブルの上に、目玉焼きと野菜炒めの乗った皿と、パンが入った籠が其々二つ置いてあった。
「座ってくださいです。」
言われた通り座ると、メルフィーはコーンスープが入った器をゼロに差し出す。
ゼロはそれを受け取った。
メルフィーも自分の分のコーンスープを用意して座った。
「じゃあ、いただくのです。」
「いただきます。」
二人はそう言うと、黙々と食べ始めた。


「ご馳走様。」
「早いのですね、食べるの。」
メルフィーは、まだ半分しか食べていない目玉焼きの黄身の部分をスプーンですくいながら言う。
「生まれつきでね。」
ゼロは食器を片付ける。
「で、今日は何をするんだ?」
「食べてる途中なのです、食べ終わったら言うのです。」
と、メルフィーは言った。
「分かった。」
ゼロは椅子に座って待ち始めた。

それから10分後、メルフィーはやっと食べ終わった。



「俺は持ってないぞ?お前みたいな斧や能力、」
「知ってますよ。」
即答。
「特別力も強くないんだけど、」
「知ってますよ。」
即答。
「まず俺IM使えないっつーかどうゆうのか分からないんだけど、」
「知ってますよ。」
即答。
「・・・知恵を絞れと?」
「そうゆう事なのです。」
      • 即答。
メルフィーは、ニッコリとしながら言っていた。
|