漆黒と沙羅の書き手情報局! 第2回(通算第11回)


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

「「漆黒と沙羅の!書き手放送局!」」

tu4氏「ご機嫌いかがかしら、愚民の皆さん。予約被りに定評のあるtu4よ。」
漆黒「のっけからなんで喧嘩腰なんですか!あ、漆黒の龍です。よろしくお願いします。」
tu4氏「あー!暑い!こんな暑い日に仕事なんてやってられないわよ!」
漆黒「愚痴らないでください!みんなの中から選ばれた、名誉あるお仕事なんですから!」
tu4氏「別に私がやりたいって言ったわけじゃないしー。」
漆黒「ああもう…。と、とにかくゲストの方に入場していただきましょう!今日のゲストはこのお二人です!」


無明「アニロワ九天大王の一人、無明幻妖side.だ。よろしく頼む。」
カオス「やあ、The god of chaosだよ。カオちゃんと呼んでくれたまえ。」


漆黒「というわけで、今回のゲストは濃厚なバトルの末相討ちとなったこのお二人です。」
tu4氏「謝れ!みんなに謝れ!」
漆黒「ちょ、いきなりなんですか!」
tu4氏「アンタがあんなに早く脱出フラグを立てるから、ジョーカーが召喚されて今の生存者たちが大変になってるんでしょうが!生きてるみんなに謝れ!」
漆黒「言いがかりもいいところだー!」
無明「全くだ!私は自分の行いに、悔いる点など一つもない!」
カオス「よっ!無明ちゃんかっこいい!!」
無明「茶化すな。」
カオス「にゃはは、そのつれない態度もまたよし!」
tu4氏「そしてアンタは私に謝れ!」
カオス「ほえ? なんだい、藪から棒に。」
tu4氏「第1放送直後に死んだくせに、インパクト強すぎ!この空気王に謝れ!」
漆黒「また言いがかりだー!」
カオス「ははは、それは謝るわけにはいかないねえ。だって目立とうと思って目立ってたわけじゃないし。
    生まれながらにして持った、この存在感が悪いのさ。」
tu4氏「はい、今の発言でアンタは私を完全に敵に回したー!!」
漆黒「tu4氏、落ち着いて!」
無明「大丈夫なのか、この番組…。」
カオス「全くだねえ。この際、俺と君で番組乗っ取っちゃおうか?」
無明「断る。私はこういう華やかな舞台に興味はない。それに、貴様と組む気にもならん。」
カオス「もう、お堅いんだから。だが、それがいい。どう? 収録終わったら、一緒に酒でも…。」
無明「私は酒はたしなまない。」
カオス「とりつく島もないか…。どうすれば振り向いてくれるのかなあ、無明ちゃんは。」
無明「生まれ変われ。何か別のものに。」
カオス「たはー。こりゃ厳しい。」
漆黒「や、やっと落ち着いた…。それじゃ、次の話題に…。え、放送時間もう終わり?まだまともに話してないのに…。」
カオス「いや、僕らは結構話してたよー。」
漆黒「な、ならいい…のかなあ…? とにかく、時間がないや。皆様、また次回!」


tu4氏「ねえ、漆黒くん。今日のラジオで、私なんか変なこと言ってなかった?
    熱さで頭がボーっとしてて、よく覚えてないのよね…。」
漆黒「プロデューサー、スタジオにクーラー入れましょうよ…。」
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。