オーガは子豚を無思慮に蹂躙す


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

遡った時は今へと追いつき。舞台は混沌めいた地上へと戻る。
地へと堕とされた偽りの太陽。
動力が落ち、闇に包まれたその内部。
繰り手たる少女が意識を失った今、動く者のいない筈の世界でズルズルと蠢く一つの影があった。
バイオライダーへと変身し、ゲル化した影の繋ぎ師である。

テッカマンデモン。
どう見ても悪役面な姿だったが、そこはかの速筆魔王LX。
冷静に影の繋ぎ師に対処したことにより彼らの間で誤解フラグが立つことはなかった。
事前に魔王がギャグ将軍よりアドバイスを受けていたことも大きいが、
繋ぎ師自身もWIKIにより魔王や将軍の人となりを知っていなければ、また違う展開だったかもしれない。
ともあれ晴れて仲間となった魔王と繋ぎ師は、各自の目的を練り合わせ一つの作戦を思いついた。

ドラゴンファイヤーストームにより重力フィールドを突破した影の繋ぎ師が、ゲル化してレンズ砲などの隙間からフォーグラー内部へ潜入。
内側からロボライダーの力を併用しハッキングすることにより機能を乗っ取り抵抗を予防。
万全を期した状態で魔王が投げるというチート二人だからこそ成り立つ策であった。

基本魔王が考えたこの策に、繋ぎ師は煩悩寺の体を心配してやや乗り気ではなかったが、

『う~ん、そこは腐ってもフォーグラー。落ちたくらいでは搭乗者は無傷だと思うよ。
 少なくともあなたがやろうとしていたことよりよっぽど安全じゃないかな~』

と言われてしまってはぐうの音も出ず。ネコミミスト達が切迫した状況とのこともあり彼と協力して今に至るのであった。

「フォーグラーの制圧は概ね完了だな」

計器をチェックしつつ繋ぎ師が安堵の声を漏らす。
落下の衝撃で一部回路が狂ってしまったのは予想外だったが、この程度なら魔王の技術手袋で直せる範囲だ。
そうすれば大怪球は対主催側の戦力として運用できる。
1000人は収容できるうえに飛行能力もあり、攻防共に申し分ない移動要塞。
天空の城ラピュタへと乗り込むための手段としては、これ以上に無いほど申し分ない。

「さあ、これで憂いは絶った!待っていてくれ、煩悩寺さん!」

尚、今の彼はゲル化したままであり、上記のセリフは全てスライムがしゃべっていたりする。
すごくシュールな光景であった。







暗い、クライ、Cry。
エロスの鐘の煩悩寺は泣いていた。
無明の世界の中、一人孤独に泣いていた。

どうして世界はこうも自分に厳しいのだろう。
主催者の道具として殺し合いに参加させられ。
目標を同じくしたライバルには先立たれ。
新たに選んだ道すらも踏みにじられ。
超えるべき壁であった半身はあまりにも大きなことを成し遂げ、この世から去り。
てのひらの太陽すら奪われ。

そして、今。あまりにも早く現実へと引き戻された。

「大丈夫ですか、煩悩寺さん!」

誰かに肩を揺らされている。
静かにしてほしい。現実でダメならせめて夢の世界へと逃げさせて欲しいのに。
うるさい……。うるさい……。うるさい……。

「もう放っておいて……は?」

気安く触れてくるぬかるんだ手を払いのけ、突き放そうとして。

ずるり。
ずるずる。
ずるり。

「い、いやあああああああああああああああ!!」

悲鳴を上げた。
繰り返すが影の繋ぎ師、未だにゲル化したままである!
迫りくるしゃべるスライムを突き飛ばし煩悩寺はデイパックを漁る。
取り出すのはエロスの鐘。彼女が誇る、彼女の為だけの大人向けデバイス。
最後の最後に、煩悩寺が縋るのも当然と言えよう。

だが。

「何でよ!何で変身できないのよ!――エロの道 求め進むが 煩悩寺 ☆ ――エロの道 求め進むが 煩悩寺 ☆
――エロの道 求め進むが 煩悩寺 ☆ ――エロの道 求め進むが 煩悩寺 ☆
――エロの道 求め進むが 煩悩寺 ☆ ――エロの道 求め進むが 煩悩寺 ☆
――エロの道 求め進むが 煩悩寺 ☆ ――エロの道 求め進むが 煩悩寺 ☆
――エリョの道 求めしゅしゅむが 煩悩寺 ☆ ――エリョの道 求めしゅしゅむが 煩悩寺 ☆
――エロの道 求め進みゅが びょんのうじ ☆  ――うぇろの道 求め進みゅが びょんのうじゅいいい!!」

無様に涙と鼻水を垂らしながら何度も何度も変身ワードを唱えるも、魔力もエロ力も枯渇した彼女にデバイスは反応しない。

「落ち着いてくれ、煩悩「いや、いや、いや!逃げたい、逃げたいのに。変身してよ、ねえ!誰か、助けてえええ!!」


ぽかぽかと駄々をこねる子どものようにSRXに殴りかかるもゲル化した彼には効果を為さず。
煩悩寺が、影の繋ぎ師により保護されるのは時間の問題であった。
ここにいたのが、彼と彼女の二人だけだったなら。

「喜べ、少女。君の願いは、今叶う」

ずぷり、と。
煩悩寺のデイパックから女の声が響くとともに、銀色に輝く触手が幾本も、幾本も漏れ出しコクピットを埋め尽くしていく。
ゲル化を解いた繋ぎ師が片っぱしから倒していくも、再生、増殖を繰り返す触手の群れに進撃の足が止まり。
全ての触手を消滅させた頃には、そこには煩悩寺の影も形も残ってはいなかった。


【1日目 真夜中】【D-7 市街地 フォーグラー内部】

【影の繋ぎ師@ライダーロワ】
【装備】:サタンサーベル@ライダーロワ カラオケマイク@現実
【道具】:支給品一式×3、 ワルキューレ@スパロワ、ドラグブラッカー、写真付き名簿、不明支給品×1(確認)
【状態】:ネオバスク修復完了、一応全快済み、WIKI管理人への天元突破級のぶっちぎりな激しい怒り
【思考・行動】
 基本:殺し合いには乗らない。自分のSSへと戻る。それでも俺は俺として ぶ っ ち ぎ る ぜ  !!
 1:っく、Wiki管理人の仕業か!?
 2:魔王達が心配。
 3:煩悩寺さんはどこへ?
 4:WIKI管理人を倒す。
 5:熱血王子を倒す。
 6:他の参加者にもディーやtu4氏から聞いた事を伝える。

※変身体が仮面ライダーBLACK SRX@書き手ロワ2に進化しました。
 キングストーン二つの融合により更なる可能性を得たかもしれません。
 名前からしてスパロボのあの機体に進化することも……?
 ※RXの全変身系統の能力が二倍以上にアップし、シャドームーンの武器と技も使用可能です。
  何より性能差をももろともしないシャドームーンの卓越した戦闘技能を強化されたRXが得たことが一番大きいでしょう。
  加えて太陽光・月光の両方を取り込めるようになったので、昼夜問わずぶっちぎれます。
  詳しい能力・技は以降の書き手にお任せします。
  原作設定すらぶっちぎるぜい!
 ※ついでに首輪が取れちゃいましたが、どこまでもぶっちぎりです。
 ※ローマ字化するとSで始まる名前のライダーやフォームの力も使えます。
  JUDOの力すら使用できます。ぶっちぎり過ぎです。

 ※太陽と月の破壊により、無限再生ができなくなりました。
  キングストーン×2による一瞬での再生は可能ですが、かなりのエネルギーを消費します。
  また、SRXモードでの全力戦闘自体は可能ですが、エネルギー消費に回復が追い付かず、30分くらいで戦闘不能になるでしょう。
  無理をすればそれ以上戦えますが、命の保証はできません。
  それでも漢はぶっちぎる気満々です。

 ※ロワの会場(ラピュタ含む)外が、空白地帯になりました。
  太陽や月、星といった宇宙が消滅したため、ロワ会場はずっと暗いままです。
  宇宙消滅したのに、今のところ会場が大丈夫なのは、書き手ロワ2だからです。
  ただ、なんらかの悪影響はあるかもしれません。お任せします。

 ※tu4氏の装備品、永遠神剣第七位「存在」、ガンダールヴの証(ゼロの使い魔@漫画ロワ)、 ペンダント(空鍋の欠片)は消滅しました。
  また永遠神剣第一位『空気』は何処か別世界に飛び去りました。このロワでの再登場はありません。

 ※大怪球フォーグラー@アニロワ2nd は、落下の衝撃で停止しました。 修理すればまた動きます。




273:集う黒い太陽、そして……。 投下順に読む 273:汝の名は――なり
273:集う黒い太陽、そして……。 時系列順に読む 273:汝の名は――なり
273:集う黒い太陽、そして……。 影の繋ぎ師 273:汝の名は――なり
273:集う黒い太陽、そして……。 エロスの鐘の煩悩寺 273:汝の名は――なり
273:集う黒い太陽、そして……。 wiki管理人 273:汝の名は――なり
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。