鬼軍曹とドSの書き手放送局! たぶん第6回


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

「「鬼軍曹とドSの!書き手放送局!!」」

ドS「どうも皆さん、お久しぶりです。1回休んで気分もリフレッシュのマスク・ザ・ドSです。」
軍曹「どうもー。同じく1回休みだったけど、嫁が心配であまりリフレッシュできなかった鬼軍曹です。」
ドS「あなたも大変ですねえ…。」
軍曹「まあ、愛の代償ってやつさ…。」
ドS「無駄にかっこいいこと言わないでください。それでは、さっさとゲストを紹介してしまいましょう。
   今回のゲストは、この方たちです!」

闇その2「おっす。闇その2だ。」
書風連・その壱「やあ、ごきげんよう。書風連・その壱さ。」
書風連・その弐「同じく、その弐。」
温泉少女「私は温泉少女。今日はよろしく。」

軍曹「あれ?スペシャルでもないのに四人?」
ドS「同じ話で死んだ人を同時にゲストに呼ぼうとすると、ここで四人やっておかないとあとが辛いんですよね…。
   まあ、前半適当にやってたせいなんですけど。」
軍曹「行き当たりばったりだからねえ、この番組…。」
ドS「そんなわけで、時間の都合上書風連のお二人にはこちらから話題は振りません。ただいるだけです。」
壱&弐「ええー!?なに、その扱いの悪さ!!」
ドS「前回も出てるんだし、いいじゃないですか。それに、あなた方二人にははっきり言って語ることがなにもありません。」
壱&弐「あんたのせいだろうがー!!」
ドS「というわけで、まずは闇その2さんにお話を伺いましょう。」
闇その2「おう、よろしく頼む。」
壱&弐「普通にスルーされたー!」
軍曹「闇その2さんは…。まあ、はっきり言って運が悪かったな。いきなりカオちゃんと遭遇するなんて…。
   せっかくサザビーなんてすごい支給品当てたのになあ。」
闇その2「逆に言えば、サザビー引き当てちゃったからあいつと戦う羽目になったとも言える。
     まあ、パロロワなんてものは参加者全員が活躍できるわけじゃないからな。
     今回はそういう役回りだったってことで納得してるよ。」
軍曹「ほほう、大人ですな。」
闇その2「だが、非常に心残りなことがひとつある!それは、俺の外k…。」
ドS「それでは、続いて温泉少女さんにお話を…。」
闇その2「ちょ、まだ俺が話して…。というか、ここ一番伝えたいところー!」
軍曹「諦めろ、何せ相手はドSだ。むしろ、この程度で済んだことを幸運に思え。」
闇その2「いやいや…。なに、その理屈…。」
ドS「温泉少女さんは、序盤で死んだ中では比較的印象に残る参加者でしたよね。
   やってることといえば温泉に入っていただけなんですが、何よりあの死に様が印象的でした。」
温泉少女「そう言ってもらえると、少しは浮かばれるかな。
     うん、私がつないだバトンはしっかり受け取ってもらえたし、今は満足してるよ。
     死んだ時はすごく痛かったけど。」
ドS「確かに、BDNさんにかなり無惨にやられていましたからね。
   ああ、自分があれをやっていればどんなに楽しかったか…。
   いえ、肉体的な破壊だけでは不十分ですね。まずは言葉責めで心を痛めつけてから…。」
軍曹「おー、目が輝いている。」
闇その2「これが真のドS…。」
ドS「どんな言葉で責めるのが一番効果的か…。いろいろ浮かんでしまって迷いますねえ…。うふふ…。」
軍曹「ありゃりゃ、完全にトリップしちゃってるよ…。」
壱&弐「チャンス!今のうちに発言を…。」
闇その2「いや、俺がマイクをもらう!今日こそ俺の外見を確定させて…。」
壱&弐「もう萌えメイドでいいじゃん、君の外見。」
闇その2「それは戦記の闇その2だー!」
軍曹「ちょっと、皆さん暴れないで…。あっ、機材がー!!」

ドガガガガシャーン!!
プツッ ピーーーーーーー
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。