月に吠える者


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

天空の城ラピュタ。
無明幻妖side.、お姉さま、静かなる ~Chain-情~。
三人の書き手の魂の一撃により遂にその姿を曝すこととなった主催者の居城。
今やその城に集う全ての人間が下界で行われているロワのとある場面に釘付けとなっていた。
孤城の主?
確かに先程まで彼らの関心の的はかの地図氏による一大イベントであったことに間違いはない。
だが孤城の主の終焉と同時刻、状況は思いもがけぬところで更に動いたのだ。
下手人は言うまでもない。
ここ最近の書き手ロワ2において「調子乗ってんな!」「黒猫の仕業だ!」と揶揄される彼女である。

「やれやれ私達は未だに彼女を侮っていましたか」
「ニコニコロワは、と言ってほしいものだな。
 僕達テイルズ勢としてはそろそろ来るかもしれないと予想してたさ」

要求が要求なだけあって僅かにガチホモは冷や汗をかいていた。
一方、主催陣も参加者も暗躍しまくったロワの書き手だけあって七氏は余裕の表情だ。
なりきり対象のキャラがキールであることも大きな要因であろう。
ただしチャネリングがジャックされたり壊された時はかなり取り乱していたが。

「まあ、私も何度か会ってましたし。皆さんだって666さんと間接的に協力関係を築いていたじゃないですか」

プータが手の中で転がしている小瓶の一つ目を処理したのもまたジョーカー陣だ。
あの時の騒動は、お姉さまイヤン☆イヤン事件に愛媛初陣と、
苦労した甲斐に見合うだけの成果を産み、誰の記憶にも深く刻まれている。
とはいえイケナイ触手汁をまたもや渡されるとは思ってもいなかったのだが。

「おもしろいっすからねえ、彼女のやることは。派手ですし、斬新ですし、エロいですし!」
「……でも……これはLSより……アニロワの領域じゃ……」

二本目の効果と使い道を妄想し興奮する名無しを尻目に、えーりんは冷静につっこみを入れる。
彼女達が注目するモニターに映るは派手好き紳士『666』とミニ・サスペリア。
画面の中の二人の話し合いが一段落するのを見計らいナナシが愛媛に問う。

「お前自身の意見を聞かせてくれ」

666のフラグを処理した本人であり、
現在ジョーカー達が注目している事件の真の中心とも言える少女に。
666にリンカーコアを蒐集させて欲しいと申し出された一人の書き手に。

「初めまして、というべきかな?」

激しい口虐の限りを尽し何とか煩悩寺の回復に成功したことにより、私は僅かに油断していた。
孔明が死にエロ師匠が消滅した今、煩悩寺の死体を確かめに来るのはバトルマスターだけだと思い込んでいたからだ。
そのバトルマスター本人も煩悩寺が一度は消滅するところを見ており、
また孔明の死、自身の命の危機、ブックによる人体錬成と、
立て続けにイベントが続いたこともあって二階に戻って来ることはなかったのだ。
まさかラブホ戦に全く関わって居なかった彼女が、全てが終わった後に堂々と現れようとは、誰が想像できるようか。
対主催、マーダー問わずに扇動し不意を打ってきた今までのスタイルとも明らかに違いすぎる。
……いや、そうとは言い切れない。現に体の傷は癒したものの未だに煩悩寺は意識を取り戻していないのだ。
転のようにズガンするのは余りにも容易だ!
スタンス的にも正義・悪の二元論に区別しにくい煩悩寺は、
666にとって邪魔者と見なされたとしてもおかしくはない。

「ああ、そんなに警戒することはない。いや、むしろ警戒してくれた方がありがたい、か」

こちらの動揺を見抜いてか666が笑みを浮かべながら近づいてくる。
妖しい笑みだ。言っていることの物騒さも相まってぶっちゃけ怖い、怖すぎる。
煩悩寺を連れて逃げようにも、相手は飛行能力に加え、
この地に来た時のようにクラールヴィントによる長距離転移も可能なのだ。
どう考えても逃げられはしまい。

どうする?私だけならラピュタに緊急転移で逃げ帰れる。
あくまでも支給品扱いである自分とは違い、参加者である煩悩寺は連れてはいけないのだが。
ロワ終盤という瀬戸際で、我が強すぎる空気王の方ならともかく扱いやすい煩悩寺を失うのは、
本体であるWIKI管理人の望むことではない。

「……何の用、666」
「君に用は無いさ、サスペリア君。ただ、ディス・レヴを使いこなすにあたってどうしてもこれが必要だったのでね」

666が嬉しそうに一枚のディスクをひらひら振り、頭に突き刺す。
顕現するのはブックと一緒に消滅したはずの一体の巨人、ビッグ承。
獣の意を冠する少女が手に入れた強大すぎる力、ディス・レヴ。
スパロボ最強クラスの力を制するには直系たるスパロワの力が最適だと考え、
四神合体を成し遂げる為の最後のピースを手に入れられる機会をずっと窺っていたのだ。
そして先刻、遂にブックの人体錬成の光に紛れ、消滅間際の僅かに放置支給品と化した瞬間を狙い、
書き手2版四次元ポケットを使い引き寄せたのである。

「じゃあ何で私の前に姿を現したのよ」

666の言い分は確かに筋が通っているように思える。
ディス・レヴを吸収したこともWIKI管理人を通して知っている。
本来とは違う形で誕生した三神合体機――ヒュッケバインMk-Ⅲトロンベ・ボクサータイプは、
四次元ポケットやクラールヴィントで何時でも取り戻すことができる。
最悪守護騎士システムの応用とレイジーダイヤモンドで丸ごと復活も可能だ。
彼女が搭乗すれば条件は揃い四神合体は叶うだろう。
ただ、そのことは666がホテルにいる理由になっても、
ミニ・サスペリアに会いに来た理由になりはしないのだ。

そんな私の疑問に666は実にあっさりと答えを告げた。

「主催者の端末である君に仲介役を頼みに来たのだよ、ジョーカーである愛媛君とのね」
「あんた、何で私の正体……あ」

正体を言い当てられ動揺し思わず叫び返す途中で気付いた。
そうだ、666はなりきりによる制限を全く受けておらず、外部からロワを観察できるのだ。
煩悩寺を救うためとはいえ迂闊に動き過ぎたことを悔いるももう遅い。
きっと空気王の『空気』覚醒時の考察もバレタ要因の一つである。

しかし、主催者であるWIKI管理人ではなく、ジョーカーである愛媛と話がしたいというのは理解できない。
一体666は何を考えているのだろうか。愛媛と話をさせても害はないのか。
そもそも仮にも主催者に最も近い自分がロワ参加者の言うことをホイホイ聞いてもいいのか。
意思持ち支給品としての誇りもあるのだ。

「ナンセンスだわ。大体見返りはあるの?」

その小さな矜持すらも666は容赦なく打ち砕く。

「ああ、あるとも。もし君達がこの話に乗ってくれなければ」



私はWIKI管理人の目的を言いふらすとしよう。



「え?」
「聞こえなかったかね?私はWIKI管理人の真の目的を理解していると言っているのだよ」

最も恐れていた事態だった。まずい。勿論只のブラフということも十分ありえる。
だがそのことを確認することは叶わない。
666が口に出さなかったとしても考察としてSS内に記述されてしまえば、
次の放送と同時に『柿テロ猥・R2‐ND』が更新されることにより、
最強チート影の繋ぎ師に知られることとなる!
加えてよく見れば666はいつの間にか首輪を解除済みだ。
何よりも666の書き手としての思考力は一切制限されていないのである!
真相に辿り着いている可能性も十分有り得るのだ。

ミニ・サスペリアに666の要求を拒否する権利は微塵も残されていなかった。






かくして物語は冒頭へと戻り、愛媛の答えを666は聞くこととなったのだ。






『キャラに影響されている私としては……ロリスキーと地球破壊爆弾を傷つけたあなたを許さない。
 でも……私はジョーカーだから……条件付きでいい』

666は思い出す、異能『真・驚きの黒さ』。
その力を手に入れたかったが故に蒐集させてくれるよう交渉した少女のことを。
主催者をバックにつけての脅迫とも取れる666の申し出を、
愛媛はどちらにも遺恨が残らない形でうまく収めた。
中々の手腕だったと感心する。
誤解のないように言っとくが愛媛は殺してはいない。
少しの間戦闘不能になるくらいで済むはずである。

ともあれこれでキーは揃った。
四神合体した機体に更に他の手持ちの支給品をウルトラミキサーで全て融合。
4体合体+αという条件に加え手持ちにはコアドリル。
間違いなくあの機体の降臨条件としてこれほどのものはない。
そこで莫大な螺旋力を『真・驚きの黒さ』で負の力に染めたとしたら?
更に闇の書に込められた人々の欲望、熱血王子から延々と流れてくる怨念、
生首セットから採取した負の力を全て加えたとしたら?
『真・驚きの黒さ』により本来は黒くない魂ですら負の念へと変換したとしたら?
漫画キャラバトルロワイアルwiki管理人の秘めた力で補助してもらったとしたら?

あの機体と対を為す『絶対的絶望』が姿を現すに違いない!

遂に自分はアニロワ2の書き手であり正しい心を貫くロリである、
愛するネコミミストに相応しい邪悪となる条件を揃え切ったのだ。

条件。

何、忘れてはいないさ、愛媛君。

『外部の書き手達に……熱血王子を改心させようって動きが出ているから……
 もしそうなりそうなら……救われる直前に……あなたが……』

「私は許してくれとは言わないよ、熱血王子。前払いで報酬はもらってしまったんでね、フフフ……」

話数も稼ぎ、アルテマの習得もかなり前進した。
影の繋ぎ師の手によりそろそろ黒猫の悪行が大々的に広まることだろう。
出発点であるG-4エリアなら機関車に轢かれる可能性は一番低い。
後は熱血王子の結果を待ちつつ細かい調整を加えていくこととしよう。
王子が狂気に囚われたまま死ぬならよし。もしも改心しかけようものなら……。

直接手を出せない健気な黒き少女の為に、私が人肌脱ぐとしよう。

666が笑う、月に吠える狂った詩人のように。




【夜中】
【派手好き地獄紳士666@LSロワ】
【装備】:ゲート・オブ・バビロン@アニロワ2nd(※特殊仕様)、闇の書@アニロワ1st(ディス・レヴ内臓)、ビッグ承
     クラールヴィント@アニロワ1st(ネコミミストと同じ物)、バリアジャケット、コアドリル@アニロワ2nd
【所持品】:エニグマの紙「漫画キャラバトルロワイアルwiki管理人」
      四次元ポケット、クレイジーダイヤモンドのDISC、高性能探索機能つき扇風機、カードデッキ(龍騎)
      朝倉涼子のアーミーナイフ、夜天の書(BL本)ウルトラミキサー、モンスターボール(空)

【状態】:闇の書発動、不死者化?、大量の精気(エロパワー)吸収  疲労中 負のエネルギー蒐集中 暴走? アルテマ修得中
【外見】:黒いリボンドレス、背中から黒い六翼。長い髪は白く染まり後ろに降ろしている。眼鏡外し。

【思考・行動】
基本:極悪外道になった後、ネコミミストの前に敵として再会。ネコミミスト心から愛してる。
1:しばらくは身を隠し、ディス・レヴを使いこなせるようにする
2:時間稼ぎに利用できそうなものに関しては利用する
3:熱血王子がやられる間際にヒュッケバインボクサートロンベ回収。無理なら複製。
4:熱血王子が改心されそうなら……
5:ネコミミストの前に敵として現れ、最終的に喰われる
※ゲート・オブ・バビロンで出せるアイテムをどれも『一応は何とか使いこなせ』ます。
 エリクシールと爆薬は使い切りました。 鳳凰寺風の剣は病院に起き捨て。
 浄玻璃の鏡の回数制限は残り1回。凛の宝石は残り5個。風の矢は残量不明。
 懐中時計型航時機『カシオベア』破壊
※ゲート・オブ・バビロンで出せる新たに判明した物及び追加された物。
 アニロワ1stからディーヴァの剣、ルルゥの斧、マイクロ補聴器、
 鳳凰寺風の弓と矢、鳳凰寺風の剣、凛の宝石×10、闇の書。
 加えて――マテリアルブレード@テイルズロワ@XXX、クラールヴィント@アニロワ1st@XXX、
 不死の酒@アニロワ2nd(既に使用済み?)@XXX。
※闇の書と融合しているため、その内に言うまでもなく――
※エロスの鐘の煩悩寺と、エロ師匠の(ついでに大暴れ鉄槌の)精気を吸収しました。
 影丸の魔力を吸収したため、8割がた使いこなせるようになりました。
※「漫画キャラバトルロワイアルwiki管理人」は一度だけ秘められた力を使う事が可能です。詳細は不明。自身に関係する事?
※書き手としてのメタ視点能力を使える様子。別に全知ではない。
※闇の書とディス・レヴ@スパロワが内臓されました。リミッターをかけていますが会場内の負の力を自動的に集められます
※バビロンの財宝はクレイジーダイヤモンドでは治せません(宝物庫そのものは別)
※『真・驚きの黒さ』を蒐集により習得しました。これによりディス・レヴの効率を上げられます。

※全支給品を合成させ、自身も融合することにより、【グランゼボーマ@アニロワ2(グレンラガン)】の力が振るえます。
 制限によりサイズはLLL内で収まっています(つまり星よりでかいとかにはなりません)
 ただし666としてか闇の書の暴走が表に出るかは状況によります。
 666もそのことは理解してます。





愛媛との交渉が終わり、帰り際に迷惑をかけたお詫びにと、
四次元ポケットでいくつか回収してたというロリスキーが持っていた着替えの衣装を置いて、
666は悠々と去って行った。

一人取り残されたミニ・サスペリアは一人恐怖で震えつつ思う。

666。獣の名を冠する少女。
嘘だ。あんなものが獣であっていいはずがない。
あれではむしろ――

其は無貌の神にして、這い寄る混沌。世界も、神々も嘲笑う稀代のトリックスター。

全くもって笑えない冗談だ。だが、WIKI管理人が666の行動を許容したのもまた事実。
しかも今回の失態に呆れられたのか、それ以来音沙汰無し。

「ああもう!私はどうするべきなのよ!」

途方に暮れてジタバタしていた私は気付いていなかった。
煩悩寺が666との会話の目を覚まし、ゆらりと私の後ろに迫ってきていることを。
だから、

「話しを、聞かせて、もらうね?」

また一つ失敗を重ねることとなった。




【G-4/ホテル『キャッスル・満漢全席』二階廊下】
【エロスの鐘の煩悩寺@アニロワ2nd】
【状態】:ロリスキー用の衣装、精気満々、魔力全快、体力全快 性格一時ティアなのは化
【装備】:エロスの鐘、ミニ・サスペリア 不明支給品(1~2)
【道具】:支給品一式
【思考】:
 基本:エロスの限りを尽くす
 1:現状把握
 2:ミニ・サスペリアからWIKI管理人の話を聞きだす



 ※容姿はティアナ・ランスター@なのはstsです。
 【エロスの鐘】
 大人向けデバイス。魔法妖女デザイア・ベルへの変身アイテムでもある。
 その音色を聞かせた者が隠し持っている欲望を引き出し、暴走させてしまう。
 暴走した欲望からエロスを吸い取ることで相手の精気を自分のものにできる。
 【ミニ・サスペリア】
 掌サイズのメイドさん。闇のメイド・サスペリア@アニロワ2ndの姿をしている。
 魔女っ娘に必要なマスコットキャラで、ご主人様に色々とアドバイスをしてくれる。
 WIKI管理人の端末だった。主催陣と交信できる。
 ※ロリスキー用の衣装の詳細は次の人にお任せします。


【主催本拠地】



【裸になってすぐアッー~殺意のqwglOGQwIk~@ニコロワ】
【状態】:健康 スッキリ
【装備】:なし
【道具】:不明
【思考】:
 基本:主催者側の人間として活動。参加者の抹殺
 1:愛媛を心配しつつ、次の出番までニコニコ
 2:地図氏と再会すれば、借りを返す



 ※容姿は阿部さん@くそみそ、性格は古泉@ハルヒ。その名はイイ男。キモカッコゲイ!
 ※地球破壊爆弾No.V-7を危険視しています。
 ※ニコニコ動画に存在する動画ゆかりの技を使えます。
 ※ニコニコに自分が見たものを動画としてうpできます。
 ※「まっがーれ↓」と唱えることで色んなものを曲げられます どこまで曲げられるのかは不明




【人外アドベンチャー~OZbjG1JuJMのウォーゲーム~@ニコロワ】
【状態】:健康
【装備】:なし
【道具】:不明
【思考】:
 基本:主催者側の人間として活動。参加者の抹殺
 1:愛媛を心配しつつ、次の出番までニコニコ 

 ※容姿やその能力は未だ不明。
 ※地球破壊爆弾No.V-7を危険視しています。





【C.M.超展開はデフォなのか?@ニコロワ】
【状態】:ダメージ中(回復中)
【装備】:なし
【道具】:不明
【思考】:
 基本:主催者側の人間として活動。参加者の抹殺。
 1:愛媛を心配しつつ、 次の出番までニコニコ



 ※容姿はえーりん!えーりん!何故か無口なようです。
 ※ニコニコ動画に存在する動画ゆかりの技を全て使えます。
 ※少数に限りニート軍を現実に召還できます。
 ※えーりんが無事な限りは、蓬莱の薬で兵士は超スピード回復します。(ただいま全滅中、回復に時間がかかります)



【愛媛の0RbUzIT0Toは大変な演説をしていきました@ニコロワ】
【状態】:真・驚きの黒さ 精神力残存わずか
【装備】:なし
【道具】:不明
【思考】:
 基本:主催者側の人間として活動。参加者(=多数派)の抹殺
 1:療養しつつ、次の出番までニコニコ 
 2:生き残ってももちろん熱血王子は許さない
 3:熱血王子が改心しそうな時は666に任す
 ※容姿は黒いセーラー服の柊つかさ@らき☆すた
 ※触れたものを驚きの黒さで染めることが出来ます。影ワープ等詳細不明
 ※ニコニコ動画に存在する動画ゆかりの技を使えます
 ※現実世界にコメントを張ることができます
 ※地球破壊爆弾No.V-7を危険視していますが、キャラとしては…?
 ※回復にどのくらいかかるかはお任せ。回復中はほとんど動けません。




【ナナシ@テイルズロワ】
【状態】:健康 (ただし左眼がない)
【装備】:なし
【道具】:不明
【思考】:
 基本:主催者側の人間として活動。参加者の抹殺
 1:とりあえず、部屋に戻って皿洗いの続き
 2:次の出番まで縁側で茶を飲む
 3:出会った二人とは生き残っていればもう一度戦う?



 ※容姿はヴェイグ=リュングベル@テイルズオブリバース
 ※氷で武器を生成できます
 ※【異能・姿無き縁の下】
  空気王としての力を解放し、色んなものを「繋ぐ」能力。
  時間だろうがカップリングだろうが何でも繋げるが、その繋ぎが良繋ぎで無いと十分な効果が得られない。



【名無し@テイルズロワ】
【状態】:健康
【装備】:なし
【道具】:不明
【思考】:
 基本:主催者側の人間として活動。参加者の抹殺
 1:とりあえず部屋に帰って次の出番まで茶を飲む



※容姿やその能力は未だ不明




【七氏@テイルズロワ】
【状態】:健康 
【装備】:なし
【道具】:不明
【思考】:
 基本:主催者側の人間として活動。参加者の抹殺
 1:666の行動を楽しみつつ、次の出番を待つ
 2:熱血展開を全滅させる。特に☆系の熱血を。
 ※容姿はキール・ツァイベル@テイルズオブエターニア
 ※テイルズロワの舞台ギミックを発生させることができます
 ※【異能・闇に囁く言葉責め】
  言葉の力でいろんなものを誤魔化し、改変する能力。詳細不明。
  大きな無理がない限りなら後付け設定も可能らしい。

251:黒き竜巻雲 投下順に読む 253:ようこそルナティックパーティー(前編)
251:黒き竜巻雲 時系列順に読む 253:ようこそルナティックパーティー(前編)
251:黒き竜巻雲 派手好き地獄紳士666 255:戦え三人ライダー!
245:胎動するは二つの悪意 エロスの鐘の煩悩寺 254:なのDeath☆(前編)
241:封印一度 裸になってすぐアッー~殺意のqwglOGQwIk~ 254:なのDeath☆(前編)
241:封印一度 愛媛の0RbUzIT0Toは大変な演説をしていきました 254:なのDeath☆(前編)
241:封印一度 人外アドベンチャー~OZbjG1JuJMのウォーゲーム~ 254:なのDeath☆(前編)
245:イマ賭ける、コノ命 C.M.超展開はデフォなのか? 254:なのDeath☆(前編)
241:封印一度 ナナシ 254:なのDeath☆(前編)
241:封印一度 名無し 254:なのDeath☆(前編)
241:封印一度 七氏 254:なのDeath☆(前編)
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。