書き手ロワでギャルゲを作ってみた


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ある日のこと、素晴らしきフラグビルドはとある人物にメールで呼び出され、その人物の控え室に向かっていた。

「失礼します。」
「お待ちしておりましたよ。我が親愛なる同志、フラグビルドさん。」

そこにいたのは、仮面を身につけた和服の男。そう、マスク・ザ・ドSである。

「また心にもないことを…。私はあなたを…正確には、あなたの一部を殺した女ですよ?」
「なに、生前のいざこざなどたいした問題ではありません。今は同じ死者スレ住人ではありませんか。」
「……それで、わざわざ私を呼び出した理由はなんです?」
「これです。」

ドSはフラグビルドの前に、一枚のディスクをかざす。

「なんですか、それは。」
「私をメインに数名の書き手によって開発した恋愛シミュレーションゲーム、『私立書き手学園』です。
今日は、フラグビルドさんにこのゲームのテストプレイをおねがいしようかと思いましてね。」
「ほう、それは私に対する挑戦状と受け取ってよろしいんですか?」

フラグビルドの顔に、不敵な笑みが浮かぶ。彼女の専門分野は、その名の通りフラグ立て。
恋愛フラグの積み重ねが基本のギャルゲなど、まさに十八番である。

「受けていただけるようですね。では、ディスクをお貸ししましょう。期間は今日から三日ということで。」
「フフフ、全キャラ攻略してお返ししますよ。」


こうして、フラグビルドの孤独な戦いが始まった。

「さて、まずは女主人公で始めますか…。やっぱり最初に攻略するのはChain-情さんですよね♪」

………

「ぎにゃー!(ゲームの中の)私に殺されましたー!」

【ジャーク道場】

「なるほど、ゲームオーバーになるとアドバイスをもらえるわけですか…。しかしこの背景、どこかで見たような…。」

………

「あ、また殺された…。」

【鬼軍曹の新人キャンプ】

「あれ、さっきとアドバイスをくれるキャラが違う…。」

………

「あわわ、また主人公死亡エンドです…。」

【将軍のお悩み相談室】

「キャラは前と同じなのに、シチュエーションが違います…。なんですか、この労力の無駄遣いは…。」

………

『今日の○○ 地獄紳士に竜殺しで斬りつけられ死亡』

「なんかもう、今日のディアボロになってますー!」

そして三日後。

「かなり手こずりましたが…。何とか全キャラ攻略しましたよ…。」

かなりやつれた様子のフラグビルドは、それでも勝ち誇った笑みを浮かべドSにディスクとセーブデータの入ったメモリースティックを手渡した。

「ご苦労様です。それで、感想などはありますか?」
「グッドエンドのシナリオは素晴らしいと思うんですよ。何回か泣きそうになりましたし。
ただ、バッドエンド…と言うか、主人公が死ぬエンドが多すぎです。
ミステリーじゃあるまいし、なんで恋愛物でここまで死人が出なきゃならないんですか…。」
「まあ、ロワの関連グッズですし。人死には不可欠かな、と思いまして。」
「やりすぎです。私ですらこんなに手こずるんじゃ、一般人は絶対途中で挫折しますよ。」
「なるほど、多少難易度を下げる必要がありますかね…。御意見ありがとうございます。あ、そうそう。これは今回の報酬です。」

そういうと、ドSは封筒をフラグビルドに渡す。

「なんですか、これは。」
「私の分身が特殊能力を使って撮影した、Chain-情くんの最新状況生写真5枚セットです。」
「え♪」

それを聞いて、フラグビルドの顔色が一気によくなる。

「それじゃあ、ありがたくいただいていきますね♪また何かあったら、いつでも声をかけてくださいねー♪」

全身から音符マークを放出しそうなほどの上機嫌で、フラグビルドは帰っていった。


フラグビルドが帰った後、ドSは一人でセーブデータをチェックしていた。

(しかし、本当に全キャラを攻略してくるとは…。正直な話、5人もグッドエンドに到達できれば上出来だと思っていたのですが…。
さすがはフラグビルド、といったところですかね…。)

モニターを見つめながら、ドSはにやりと笑う。

(それにしても、温泉少女とネコミミストは真っ先に相手が不幸になるルートを攻略しているというのは…。
単なる偶然ですよね。うん、そういうことにしておきましょう。)
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。