箱庭外交戦略 ドンオーク軍統帝国


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

 正式国名
  ドンオーク軍統帝国 (社会主義体制を廃止)*6468期に国名変更 8000期に国名変更
 漢字国名
  屯欧区軍統帝國

【領土】
 ・サルデーニャ島 24.090k㎡
 ・北イタリア
 ・モナコ
ドンオーク統轄領
 ・東イラン
【通貨】
 ドンオーク・リラ(Donork・Lire)(D₤)(DOL)

【人種・民族】
 ・聖ニサン系地中海人41%
 ・スペイン人10%
 ・スペイン系カルタゴ人6%
 ・ゲルマニア系フランス人6%
 ・サルデーニャ系ドンオーク人19%
 ・フェニキア人15%
 ・エンパイヤ人3%
  国家設立後に生まれた子供はドンオーク人、ドンオーク民族と呼ばれる。

【国家元首】
 ・海陸空の最高指揮権を持ち統帥する「総帥」の階級である。
  現在はペーロ・グラフス皇帝総帥が就任している。


【政治体制】
 ・軍部統制 軍部による管理・統制を行い安全保障確立する政治体制。
       国家元首、国の最高階級は総帥であり、現在はペーログラフス総帥
       が就任している。

  • 欧州先導主義 ペーロ・グラフス皇帝総帥は欧州による主導の国際的活動によって人類は正しき道へと進むという欧州先導主義を提唱する。
【宗教】
 ・国民は聖ニサン教の信者が半数を超えており、他はサルデーニャ古来からの宗教を信じている。

【国内情勢】
 ・軍部統制だからといって国民は完全に監視されているわけではない。
  旅行・市場・言論・知的文化 のすべてを民主化している。
  国民の人口は少ないものの、雰囲気はいい。

【第一次産業】
 ・鉱山資源が豊富であり、旧ニサン教国の時代もカルボーニアやカリャリでは炭鉱都市として
  発展し利用されてきた、あとコンピューター技術、造船技術も高まり発展を遂げている。
【第二次産業】
 ・我国の建設業は大発展を遂げ、現在は地中海財閥を中心とする建設企業が多く存在する。

【国内企業】
 ・カリャリ製薬
   国内製薬において国内一のシェアを持つ。
 ・カルボーニア炭鉱
   世界有数の炭鉱市場をもつドンオーク軍統共和国において
   市場半分のシェアを持つ企業。
 ・エイジス公社
  海軍庁が出資した公社。国内の艦船技術・兵器技術の研究・開発を行う。




【同盟・条約】
  【桜島友好条約】
   ・大東亜連合首長国?との友好条約。相互の経済発展のための条約である。

  【国際領土協定
  【上海協定】
  【サルデーニャ条約機構】
  【地中海経済貿易協力機構】

【軍事】
 ・海洋警備隊およびドンオーク武装親衛隊の軍昇格を果たす。

 【海軍】(旧海洋警備隊)
 ・全艦船数合わせて150隻程度

 【国防軍】(旧ドンオーク武装親衛隊)
 ・第一武装旅団 52040人(大量軍需輸入により増加)

 ・第二武装旅団 21000人

 ・警察隊   7800人


 現在では原子炉を中心とした、造船技術を確保している。

【国旗】
 ・本国旗は軍部を置いてある本土である、サルデーニャ島のかつての王国であるサルデーニャ王国
  の3色旗をベースにしている。
  中心の赤い兜は軍部統制を表しており、角は我軍隊の力強さを表している。
  欧州のかつて大繁栄した国家であるドイツ第3帝国の国旗に使われておった。
  今では「欧州にかつてのような栄光を」を目指しているロゴである。
  我欧州を代表するハーケンクロイツ、その鉤十時をつかむ鷹が描かれている。

  

【国歌】

+三色旗賛歌+
.
E la bandiera di tre colori
è sempre stata la più bella!
|: Noi vogliamo sempre quella,
noi vogliam la libertà! :|
La libertà! La libertà!

2.
E tutti uniti in un sol patto,
stretti intorno alla bandiera,
|: griderem mattino e sera
viva via il donork! :|
Il donork! Il donork!

1.
三色のこの旗は
永久に秀美比なし。
我らは常に、
我らは常に自由、
自由、自由を望む!

2.
みな挙りてこの旗の下
一つに団結す。
朝も夕も我らは叫ぶ、
ドンオーク、ドンオーク、
ドンオーク万歳!と。

+ペーロ・グラフス皇帝賛歌+
1.
Heil dir im Siegerkranz,
Herrscher des Vaterlands!
Heil, Kaiser, dir!
Fühl in des Thrones Glanz
Die hohe Wonne ganz,
Liebling des Volks zu sein!
Heil Kaiser, dir!
2. 
Nicht Roß und Reisige
Sichern die steile Höh',
Wo Fürsten steh'n:
Liebe des Vaterlands,
Liebe des freien Manns
Gründet den Herrscherthron
Wie Fels im Meer.
3.
Heilige Flamme, glüh',
Glüh' und erlösche nie
Fürs Vaterland!
Wir alle stehen dann
Mutig für einen Mann,
Kämpfen und bluten gern
Für Thron und Reich

1.
万歳 勝利の栄冠戴き
祖国知らす大君よ!
皇帝陛下万歳!
想へ 果てもなきこの慶び。
宝祚の輝くところ
民草の敬慕篤く ここに坐します。
皇帝陛下万歳!
2.
いかに軍馬と防壁あるとて
諸侯ら 巍々たるその辺
護るには適はず。
祖国愛こそ、
自由人の愛こそ、
怒濤に耐ふる巌の如く
帝冠を磐石と固むるなれ。
3.
聖炎よ、燃え上がれ。
赫々として絶ゆること勿れ。
祖国のために!
かくて吾ら 挙りて
一人(いちじん)の御為に起ち、
軍統と帝国の御為と
血戦敢へて当たらん!
添付ファイル