※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

リンバスでの基本戦術について

戦術の基本は各個撃破です。
釣りの腕次第ですが、かなりの場合リンクが発生しますので
その場合、複数の敵との戦闘になるため、一旦眼前の敵全て
を寝かしつけた後、1匹づつ撃破します。
そのため処理する敵を指定する「ターゲッター」を常設1名
選抜し、他のメンバーはターゲッターの指定した敵のみ攻撃
をするのが基本的な戦闘スタイルです。

/assistマクロについて
「/assist(/as)」マクロを使用します。
ターゲッターの指定した敵に対して確実な集中砲火を浴びせ
て攻撃するためです。
ターゲッター以外のメンバーは突入前のターゲッター指名に
従い以下のマクロ編集をしてください。

/as PC名
※PC名部分は大文字小文字およびスペルを正確に。
例:【 /as Ricardo 】

攻撃開始の際はこのマクロを発動後、カーソルが敵に移った
のを確認して【○(決定)ボタン】連打での抜刀が最適です。

/autotargetについて
当面の敵を撃破後、リンクなどで絡み戦闘状態にある敵へと
連続して敵対動作、即ち、自動的にカーソルが移るシステム
です。確実性はお世辞にもいいとはいえません。
が、ターゲッターの指定する敵以外へダメージを与え、睡眠
を邪魔して戦闘を混乱させる可能性があるので本作戦中にて
使用は厳禁とします。
突入前に必ず、解除(OFF)状態にしておいてください。

以下のコマンドをキーコマンド実行。
/autotarget off
※コンフィグにはない設定のためです。

復帰させる場合は以下のコマンドラインを実行してください。
/autotarget on



敵の撃破優先順位について
敵の持つ2hアビ、ペットの存在などから、ジョブによって撃破の優先順位が
あります。
基本は以下のとおりです。

黒>>その他>白>モ>忍>召

危険度の高いジョブおよび対処法【召喚士】
【アストラルフロウ】
1発で壊滅する恐れのある2hのひとつです。
エレメンタルが寝ていても発動する種類の一発召喚型であるため、召喚本体を
処理する時は後衛はストンスキンを絶対に無傷で保持しておくこととする。
エレメンタルは本体死亡に伴い、消滅しますので、寝かせ放置を厳守する。

危険度の高いジョブおよび対処法【黒魔道士】
【ガ系魔法】
特にスリプガによる範囲睡眠が時に脅威となります。
可能であれば、毒薬を服用してください。基本的にはケアルガを使用できる人が
距離をおいて対応する方針で進めます。
リンク発生時に集団催眠状態になるとその被害は甚大です。

危険度の高いジョブおよび対処法【モンク】
【百烈拳】
放っておくと盾が崩壊し、大量虐殺に繋がります。
スタンも有効手段ですが、基本的には全力で殺す方向で対応してください。
白などはケアルシャワーや[女神の祝福]を考慮してください。
モがいるとわかっている場合は、事前にTPを貯めて発動時まで温存しておくのも
有効です。

危険度の高いジョブおよび対処法【忍者】
【微塵がくれ】
召喚同様、壊滅的な被害を出す恐れがあります。
処理する時は後衛はストンスキンを絶対に無傷で保持しておくことで対応してください。
気休めですが、スタン散発による発動未然防止も有効らしいです。