※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

The Will of The Elementとは

古の種族ラーダ族と人間そして妖精族の共存する架空世界エルノアを舞台としたオリジナルファンタジーRPG。古くからやってはいるものの、毎回ルールが改変され常にキャラクターシート作成からセッションが始まるという破綻っぷりが不評だった。
骨子としてのルールで相対的な判定方法を用いているため、数値上の破綻は軽減している。また、実力差があると反撃やクリティカルなどが生じやすく戦闘が楽しめるルールになっているためキャラシー書き換えがなければ…との意見が多かった。
現在は完成版を制作中。世界観などそのうち公開予定。


過去のシナリオでの主な登場キャラクター


テンガイ


世の為人の為、困っている人に施しをするのが生き甲斐な人間の修行僧。
だが実際には困っている人がなかなか居なくて本人が最も困ってる。
困っている人がいると半ば強引に手助けしようとするため、シナリオ導入部において、もっともありがたい(GMにとって)キャラクターである。

ジュン


今回のジュンはエルフの精霊使い。
ムードメーカー兼トラブルメーカー。ジェーンの旦那にしてヴァキリースの天敵。
水の妖精ティーナと金欠浪人剣士クルスを配下に大暴れ。今日もパーティーにアクシデントを呼び込む!

ジェーン


海の剣の所有者たる資格を持つ戦の妖精(ワルキューレ)。
ジュンとは幼馴染みだった筈なのだがいつの間にかLove×2新婚さんにされていた。
ま、本人も満更でもないようなのだが。何故かそこからA○女優へとキャライメージの脱線暴走が始まってしまった。

ヴァキリース


ハイ·ラーダ族の戦術士(魔法戦士)。圧倒的な魔力と破壊力を持つ槍使い。
強い。よく敵に操られ、味方を三枚におろしていた。
「やれやれ」が口癖とし、位置づけ的には空承条太郎(3代目JOJO)を狙っているが、中々うまくいってくれない。

クルス


人間の剣士
金欠浪人で困っていた所をジュンに拾われ従事するようになった。
ジュンとのデコボココンビはなかなかの名調子。
金欠だった割りに金に対して恐ろしいまでの執着心を持ち、成金人生をまっしぐらに突き進む。
|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|