MELTY BLOOD Familiar of Zero


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

フーケの構築した土ゴーレムの巨大な拳が迫る。

もはや間に合わない。
為す術なく轢殺されるであろう刹那、ルイズが思い浮かべたのは使い魔のことだった。

(最後まで、ご主人様らしいこと何もしてあげられなかったわね……)
自分が死んでしまえば、あの娘もカタチを成せなくなってしまうかもしれない。そのことだけが気にかかった。
そう思っていながら、使い魔とケンカしてでも、フーケ討伐なんていう身の丈に合わない真似をしたのは、それもまた使い魔のせい。
あの娘に、自分を認めてほしかった。
だからこそ、こんな無茶をしたけど、結局ダメだった。
そんな不甲斐無い自分を、あの娘はどう思うだろう?

最期に、ただ一言詫びる。
「ごめんなさい、レン」


そんな、ルイズの命と共に消し潰される筈の言葉に、
「フン。あやまるんなら、最初っからこんな無茶しないでよね」
返ってくる筈の無い、どこまでもぶっきらぼうを装った返事が返ってきた。


「――――え?」
有り得ない。あの娘は、私とケンカして、『アナタなんか知らない!』って言って、学院に残ったはずじゃあ――――

それでも、眼前に立つのは、紛れも無い彼女の使い魔。
その後ろでは、30メイルに達するゴーレムの拳が、地面から伸びた氷に絡めとられ、完全に動きを封じられている。
そんな、スクウェアメイジでもできないようなことができるのは、あの可愛くなくて、生意気で、高慢な、私の使い魔に他ならない。


「レン!あ、アンタ何でここにいるのよ!」
「別に。暇だったから、ちょっと気が向いただけよ。べ、別にアナタが心配で追いかけてきたワケじゃないわ!勘違いしないでよね!」
ルイズの問いに対して、純白の少女は、ルイズからも、ゴーレムからすらも目を逸らして、
そう早口でまくし立てた。
その魔白い顔には、僅か朱が注していた。
それは、怒っているからではなく、「照れている」からであることは、誰の目にも間違いなく見て取れる。

「大体、謝るくらいならこんなバカな真似しないでほしいわ。アナタが死んじゃったら、ホラ、一応、私も、困るわけだし?その……」
そう、強がりにもならない強がりをしながら、レンがごにょごにょと文句を言ってくる。
「う、うるさいわね!私だってバカな真似だって思うわよ!
 でも、仕方ないじゃない。私は、アナタみたいに強い魔法も使えないし、認めてもらうには」
「だから、言いたいヤツには好きに言わせておけばいいじゃない」
「違うの!私は、アナタに認めてほしかったのよ!
 私は、アナタの、ちゃんとしたご主人様だって……」
「ッーーーー!」
ルイズの言葉を聞くと、レンは完全にルイズから目を逸らして、あさっての方向を向いてしまう。
心なしか、肩も震えているように見える。
もう、完全にあきれられちゃったかしら、とルイズが落ち込んでいると、背中越しにレンの鈴のような声が聞こえてくる。

「べ、別に?私は、アナタが一生懸命あがいてる姿は、嫌いじゃあ、ない、わ。」
それは、単純に美しかったから。
夢に逃げる《生きる》のではない。どんなに苦しくても、どんなに思い通りにいかなくても、現の中であがき続けるルイズの姿は、
腹が立つし、イライラするし、本っ当に惨めったらしくて、バカみたいだけど、
その姿は、美しいと感じたから。

だから、ソレを自分以外の誰かが侵すなんて認めない。
後ろでは、ルイズが何事か言おうとしていたが、無視してゴーレムに向き直る。
「随分と、好き勝手してくれたじゃない?アナタ」
その声は、ルイズにかけた時とは真逆。一遍の慈悲も無く、どこまでも冷たい響きだった。
比喩でなく、真実辺りを凍りつかせる怒気を隠しもしないで、皎々たる夢魔は目前にそびえる木偶人形に宣言する。

「アナタは要らない。カケラも残さず、粉々に砕きつくしてあげるわ……!」


「MELTY BLOOD Act Cadenza」より『白レン』召喚

ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。