魔眼の使い魔 38


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。


これまでのあらすじ
アルビオンの王位を巡ってヨーク家とテューダー家の間で行われた薔薇戦争は
ボズワースの戦いでバララントの軍事援助を受けたグロスター公リチャードの軍勢が
ジェームス軍を打ち破ったことによって決着がつき
ジェームスⅠ世は串刺しにされてダクスフォードの王立戦争博物館正門に晒された
復讐に燃えるウエールズは亡命先のトリスティンでフィラデルフィア実験を強行
駆逐艦エルドジッジと乗組員もろとも八次元宇宙より召喚されたサンダーゲイと融合してしまう
アンリエッタ王女は直ちにルイズ特戦隊-コードネーム“ディセプティコン・ゼロ”-にウエールズ救出を下命
コルベール製作のハルク砲艦アックスボンバー号でサンダーゲイに挑むルイズ達の前に
エルドリッジの生体端末と化したウエールズが「忍法魔界転生」で甦らせた
宮本武蔵とブルース・リーが立ちはだかる

「アチョオオオオオオッ!」
ヌンチャクを振り回し怪鳥音をあげるブルース
「……………」
無言で八双に構える武蔵
「おお、あらすじと本編がちゃんとリンクしている!?!」
「そこが驚きどころですか」
久々の登場にも関わらずハサン先生と痴女の呼吸はぴったりだ
「で、どうするのかね?」
「そうですね…」
などと相談している間にも
ブルースは騒々しく
武蔵は無言で間合いを詰めてくる
そして一時の停滞の後-
爆発的な加速で互いの距離を零にした二人の得物がメドゥーサとハサンを捕えるかと思われたその時!
「といや」
ひょいと脇にどいたメドウーサが気の抜けた掛け声とともに背後に控えたフレイムの頭に騎英の手綱を握った右手で空手チョップを落とす
“がぼぼぼぼぼぼぼぼぼぼぼぼぼぼぼぼっ!”
フレイムの口から迸る炎の奔流
流石はブランド物のサラマンダー
宝具によってブーストされたその火力はザンボラーにもひけをとらない(かもしれない)
「さて、先を急ぐとしましょう」
消し炭と化したブルースと武蔵を後に残し
空飛ぶ鯨と一体化した駆逐艦の艦内を魔力の流れを辿って心臓部へと進むルイズ特戦隊
「ふむ、ブルースと武蔵は倒されたか…」
「あの二人は一番下位の小物に過ぎん、すでに次の手は打ってある」
サンダーゲイの背中に生えたブリッジ兼ライブハウスで煮抜玉子を突きながらモニターを睨むウエールズとヨハネ・クラウザー二世
画面にはルイズ達と対峙するバーコフ分隊(キリコ除く)の姿が映し出されていた

続かない

ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。