水晶渓谷


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

 ――もうだめだ。
 誰が言ったかはわからないが、誰が言ったかなど意味をなさないことである。
 誰もが考えていることを代弁してくれているだけなのだから。

 “アレ”が現れたのはいつ、どこだったのか。
 今年の春、トリステイン魔法学院……らしい。
 公式な記録を確認する人間がいないから伝え聞いたかぎりだが、生徒の一人が召喚した使い魔として“アレ”は現れた。
 たしか公爵家のご令嬢だったか。二つ名は、なんだったかな……?

 身の丈を大きく超える鏡――そりゃそうだ。実際に見たわけあるか。鏡は使い魔の大きさに合わせるらしいからな、大きかったんだろうよ。
 奴が一歩踏み出した。たったの一歩だ。あの巨体にふさわしい大きな一歩だったろうが、それだけだ。
 踏み出した一歩で、ご主人さまになるはずだった腐れ令嬢も、生徒も、教師も、魔法学院も含めてだ。
 きれいさっぱり水晶だよ。あそこは今でもきれいに残ったまんまだと。――さあな、愛着でもあるんだろう。
 加減がわからなかったのかね? ほら、聞いたことあるだろう。奴の腹にゆがんだ水晶がついてるって話。
 一番最初に自分のまわりまで氷みたいに固めちまった名残だとよ。バカなもんだぜ。
 で、そんときにしばらく動けなかったってんで、魔法学院がおかしいなと気づいた人間がお上に伝えてからは……知ってのとおりよ。



 全部が全部、水晶でできた学院に魔法衛士隊が向かって総攻撃だ。――どこの隊だったか? ……あー、そうだ。グリフォン隊だ。城勤めの職人が言ってたな。
 結果は知っての通り。隊は全滅。唯一の生き残りのワルド子爵も左腕を持ってかれたそうだ。なんでも婚約者が生徒の中にいたってんだからツライだろうよ。
 このままじゃあ、世界の終わりだってことで各国に支援要請を出したはいいが、アルビオンは内戦でゲルマニアは足踏み。ガリアとロマリアに至っては返事すらなしときたもんだ。

 トリスタニアは陥落寸前。すわ始祖ブリミルもトリステインをお見捨てになったか、そんな話でもちきりだった。
 いつからか失踪扱いだった隻腕のワルド子爵が、アルビオンから援軍を連れてきてね。それがレコン・キスタだったから驚きよ! しかも間者だったことを白昼で告白してそのまま出撃だぁ。……しびれたねぇ。
 フツーなら裏切り者は処刑だ。――もちろん。そんなことできるわけがねえ。あの人はハルケギニアに必要な人間だからな。

 こっから俺達の反撃だ。
 尻ごみしてたゲルマニアも参戦して、ダンマリを決め込んでたガリアもロマリアも加わって大戦争よ。――大抗争の方が合ってるって? 違いねぇ。
 子爵は混成部隊の隊長となって前線で戦ってたそうだ。
 そうそう、思いだした。奴が動きを見せなくなって膠着状態が続いた頃。どっかの詩人が“世界の黄昏”とか縁起でもないこと言ってた頃だよ。
 虚無が復活したって話が出てきてな。それも一度に三人だ。その三人と使い魔が、かの魔法騎士隊の象徴となったんだ。
 アルビオンのガンダールヴ。ロマリアのヴィンダールブ。ガリアのミョズニトニルンってね。

 全面的にじゃないが、エルフとも協力してな。“場違いな工芸品”でなんとかできないかってことになってるそうだ。

 ――結果? お前も知ってるだろ?
 空に浮いた水晶大陸に、動く水晶ガーゴイル。水晶製の始祖の聖典に成金ですら捨てる水晶の鎧。そんでもって水晶の魔法学院。
 残ったこの砂漠もだんだんと砂が水晶になってきてる。終わりなんだよ、俺達は。



 ん? ――虚無の使い魔ぁ? わかったわかった、教えるよ。つっても魔法騎士団がいっつも歌ってるがね。

 神の左手ガンダールヴ。勇猛果敢な“我”の盾。無限にあふれる剣たちと、勝利を約する聖剣で、天飛ぶ我らを守り切る。
 神の右手がヴィンダールヴ。心優しき“我”の笛。四肢に宿した幻獣と、光り輝く王冠は、信ずる我らの救いとなる。
 神の頭脳はミョズニトニルン。知恵のかたまり“我”の本。ヒトガタ作りし、知恵を持ち、操る我らの兵となる。

 ――こいつが俺達の希望だ。……希望だったんだ。

 そして最後にもう一体。記すことさえはばかられる。神の渓谷。死の世界。
 その身は何も寄せ付けず。広げ、侵すは我らさえ。
 誰も歩みを止められず。広げ、侵すは陸海空。
 如何な方策効きもせず。広げ、侵すは知恵さえも。

 しかし、記そう今こそは。
 かの者指す名は「究極の一」。
 エルフが伝えし名は「O.R.T」。

 我らは我らに抗わん。
 抗うべきは、かの水晶。
 いざ立て、騎士よ。敵を討て。

「月姫」より、『オルト(ORT)』召喚

ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。