※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

執筆者…Ice.D

視点 ルイージ

そして、朝10時が来た。

皆はまみみもめ像の傍にいた。しかし、誰かがいない。誰だろう……?

その時、コリーが「氷天が居ない件についてですが……」と発言した。

僕も、皆と同じく、「氷天がいない!?」と声をそろえた。

ライラは、氷天の携帯電話に連絡をした。

「んぁ?どうした?10時から修行だっけね。今勉強中なんで」

氷天の声が返ってきた。

「……今10時だけど」

ライラがかなりイライラした感じになってきた。

「あれ?夜の10時じゃないの?まあ、いずれにしろ面倒な事だけど」

「論外ッ!!朝の10時だ」

「あ……ゴメン。だけど、僕は行かないわ。僕はついていける自信がないからね……。行く気になったら、追いかけるからさ」

ライラ一同は、黙り込んでしまった。しかし、気がつくとフライムが後ろに立っていた。

「あっ、フライム……」

「おはよう、皆さん。氷天君がいないらしいな。まあ、いいでしょう。後でお迎えに行くからな」

「……わかった。じゃあさっさとミッションということで」

フライムが、フッと微笑む。僕はもう足がガタガタして身動きがとれない。

『ルイージ…… 大丈夫か?』

フライムが僕に話しかける。

「あ、大丈夫だと思うよ…… うん」

と、僕はフライムに言い返した。

「そうだな。じゃあ、やっちゃうか。氷天は、どうせ現状で満足しているだろうから、抜きでいいだろう」

こうして、ミッションは始まった。