Photogenic PB-240


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

(画像は左利き用)

●スケール
864ミリ、20フレット
●ペグ
堅いもの軟らかいものがある。意外と狂わない。
●材
ネック…メイプル、フィンガーボード…ローズウッド、ボディー…ソリッドウッド
●ピックアップ
プレべタイプ(SELDERと同じもの)ベースっぽい太い芯が無い感じはするが、しっかり拾っているので実用には問題ないだろう。フェライト磁石が接着剤で貼り付けてあった。
●配線
そこらへんの安物を使っている。しかも周りのビニールがネジに挟まれたのかはがれている部分があった。
●ポッド
トーンが良く分からない。付いててあってないような感じ。少しガリが出たが接点復活材で治せる。
●ブリッジ
六角レンチやプラスドライバーでいろいろ調節したが、特に悪いところは無かった。ちなみにクロム鍍金らしい。

俺のにはビビリが結構ある。現高調節してビビリが出なくなるまで上げるとハイポジションがすごく弾きにくい。
ちなみに20フレットのところの現高はフィンガーボードから12㎜だった。それでも一部ビビリが出る。
あと、1、2弦と3,4弦で現高が明らかに違うw慣れたから弾きにくくは感じないが、ちょっとひどい。
しかしながら1万3千円で買えるのだから練習用にはちょうど良い。


~SELDER PB-30の動画~(Photogenic PB-240とほぼ同じと思われる)
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。
添付ファイル