※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

用意する物

■HDD/MUをPCへ接続する為の機器
  • XPORT(HDD&メモリーユニット対応)
  • XSATA(HDDのみ)
  • HDDデータ転送ケーブル(HDDのみ)
  • 自作したMU接続ケーブル(MUのみ)
  • MAX メモリーアダプタ

など

※HDDデータ転送ケーブルはHDD120GBに同梱されています。
 エリート、60GBHDDに付いているシリアルナンバーを使って取り寄せることもできます。
 HDDデータ転送ケーブル申し込み

■FATX形式を読み書きする為のソフト

■バイナリエディタ(PCに落としたセーブデータをいじるプログラム)

■Resign And Rehashするプログラム(改造後、これをしないと使用できない)

使い方

1.自分の360HDにXPORTにてアクセスし
 セーブデータを吸い出すパーティション3⇒Content⇒************

2.ドラッグ&ドロップで吸い出す。例:DOAX2は⇒544307D2

3.X360C Resignerで摘出したセーブデータを開く

4.出て来たID&デバイスIDをメモ帳等にコピペする

5.移植したい(フルコンデータ等)をX360C Resignerで開き 4.で控えたIDをそれぞれペースト
「Resign And Rehash」押す。

5.XPORTを使い、ID書き換えたファイルをドラッグ&ドロップして上書き


USBメモリーを使ってセーブデータを取り出す。

セーブデータを取り出せるツール

  • Usb Storage Xplorer(USBXTAFGUI)
  • Modio
  • Horizon
※ツールはこの辺りから入手

Usb Storage Xplorerの使用例

  1. XBOX360で使用しているセーブ用のUSBメモリーをPCに挿す。
  2. Usb Storage Xplorer を起動して、File → Open First USB Drive を選択。
  3. FileSystemタブの Data Patition → Content → [自分のProfile ID]を選択すると、セーブデータのフォルダの一覧が表示される。
  4. セーブフォルダの最下層まで行けば各ゲームのセーブデータがある。ゲームタイトルは Content Title で確認。
  5. 目的のセーブデータを見つけたら、右クリック→ ExtractでPCに保存する。
  6. 右クリック→ Delete でUSBメモリー内のセーブデータは消しておく。
  7. バイナリーエディターやセーブエディターなどでセーブデータを改変する。
  8. X360C Resigner などで Resign & Rehash する。
  9. Usb Storage Xplorer に戻り 右クリック → Inject でセーブデータを戻す。(セーブデータをD&Dでも可能)
  10. File → Close Device を選択してから、USBメモリーを「安全な取り外し」で外す。
  11. USBメモリーをXBOX360に挿してゲームを起動。セーブデータが反映されていれば完了。
※チェックサムがある場合は、チェックサムを修正しないと「データが壊れてます」と表示される。
※目的のセーブデータが見付からない場合は、さらに Modio や Horizon などでセーブデータを展開する必要がある。

|
添付ファイル