|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|

艦隊幕僚一覧


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ミッターマイヤー艦隊 将官


艦隊参謀長 兼 DC副総裁付主席武官・司令官代理


名前:セラフィーナ・コクラン
所属・階級:バーラト自治政府軍准将
性別:女性 年齢:27歳
オーブリー・コクランの娘で、バーラト自治政府軍の軍人、
父の紹介で、ミッターマイヤー艦隊の参謀長を務める。
父に反発をしている。
イメージCV(未定)

主任軍医 兼 DC医療部主任


名前:エミール・フォン・ゼッレ
所属・階級:銀河帝国軍 軍医准将
性別:男性 年齢:35歳
かつてのラインハルトの従卒。ランテマリオ星域会戦の直前、作戦会議を終えたラインハルトに、通路で声をかけた。
容貌がキルヒアイスに似ていた事でラインハルトの関心を得、物語終了までラインハルトにつき従った。 
その後、アレクの教育係を経て、医者になり、ミッターマイヤー艦隊の医務官を務める。
帝国軍唯一の医官の将官。
ラインハルトは「技術がなくても患者が安心して託せる医者になれる。」と評したが、類まれなる医学的センスを有した。
CV:置鮎龍太郎


ミッターマイヤー艦隊 佐官


陸戦隊指揮官 兼 DC本部防御指揮官 陸戦隊連隊長


名前:レオポルド・シューラー
所属・階級:銀河帝国軍 大佐
性別:男性 年齢:33歳
陸戦隊長、白兵戦の達人であり、父親は「薔薇の騎士」連隊に所属していた。
父や隊長のシェーンコップの影響を受けて、毒舌家で不平屋。
多少の野心を備えている。
イメージCV:羽佐間道夫

空戦隊長


名前:グスタフ・イザーク・ケンプ
所属・階級:銀河帝国軍 特技兵 大佐
性別:男性 年齢:34歳
故カール・グスタフ・ケンプの遺児で、現在は空戦隊長。
卓越した空戦技術を持っている。
父が亡くなったときに「ヤンとかいうやつをやっつける」と誓うが、その前に戦争が終わる。
弟が、ヤンの被保護者たるユリアンの子(10歳のジェシカやワルター)を人質に取り殺害しようとした事件を起こし、
最後まで説得に当たるが、結局弟の自殺を止められなかった。
その事件により、ジェシカやワルターと面識を得る。
ジェシカにはその事件からいろいろ気にかけている。
イメージCV玄田哲章

艦隊司令官付副官 兼 DC副総帥 主席副官

名前:トニオ・ゲーフェンバウワー
所属・階級:銀河帝国軍 中佐
性別:男性 年齢:28歳
フェリックス・ミッターマイヤーの副官。 フェリックスとは数年来の付き合いがある。
艦隊運用の天才で、いずれは副司令官にと期待されている人材である。
イメージCV:志保総一郎


ミッターマイヤー艦隊 尉官

名前:ジェシカ・ミンツ
所属・階級:バーラト自治政府軍 中尉
性別:女性 年齢:19歳
現在、名前のある幕僚内で原作終了後に生を受けたキャラである。
ユリアン・ミンツとカーテローゼ・ミンツの子供で双子の妹。(双子の兄はワルター・ミンツ)
名前の由来は父の義父のヤン・ウェンリーの親友で、クーデター事件のときに殺害されたジェシカ・エドワーズから名前をとった。
義理の祖父にヤン・ウェンリー 母方の祖父にワルター・フォン・シェーンコップ。
現在セラフィーナ・コクラン准将やバーラト自治政府軍の後方勤務本部長のアレックス・キャゼルヌ元帥の推薦もあって、
帝国軍に出向研修。ミッターマイヤー艦隊の後方参謀/中尉として任官している。
キャゼルヌをはじめ、毒舌家に囲まれて育ったため、多少毒舌なところがある。