※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

FTサーバ

近年の企業活動にサイトやシステムを用いた顧客への情報提供、サービス提供は当たり前のものとなっている。
システムを構築する際は、システムの停止を避けるためにFTサーバを導入する方法がある。

  • 障害によるサービス停止を避ける2つの手段
    1. fault avoidance:停止の予防 ← コスト高い
    2. fault tolerant:停止の回避

  • FTサーバーに求められる特性(RAS)
    1. 信頼性(Reliability)
    2. 可用性(Availability)
    3. 保守性(Serviceability)

NEC

  • Express5800
  • H/Wの二重化
    • CPU,メモリ,ディスク,電源など
  • 従来のクラスタシステムとの違い
    1. 無停止:自動的にデータ復旧と他系への切り替えが行われる
    2. 無停止保守:停止した箇所を切り離して入れ替える
    3. 汎用OSが動作可能
  • FTサーバの技術
    1. CPU冗長化&ロックステップ:2つのCPUを同期して実行
    2. I/Oデバイス仮想化:片方を大気
    3. FT機能チップセット:CPUモジュール・PCIモジュールのクロスバーリンクによる相互接続の監視
    4. モジュール化&ホットスワップ
    5. ストレージ二重化:RAIDはアダプタの故障やバスの〇乱に対して無力
    6. ネットワーク二重化:一般的な二重化
    7. ソフトウェアアーキテクチャ:FT制御ドライバ,各デバイスドライバ