|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|

魔王まつ様


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

【魔王まつ様】

 こんな夜更けに、闇と風の中に馬を走らせるのは誰だろう。
 それはオクラと兄貴だ。オクラはおびえる兄貴をひしと抱きかかえている。

オクラ 「長曾我部よ、なぜ尻を隠すのだ」
兄貴  「お前にはまつが見えないのか?
       バンダナを巻いて、長いしゃもじを持っている…」
オクラ 「あれはたなびく霧だ…」
まつ様 「かわいい坊や、一緒にいらっしゃい。面白い遊びをいたしましょう。
       岸辺にはきれいな花が咲いておりますし、
       私の甥が金のしゃもじをたくさん用意して待っていますよ。」
兄貴  「おい、毛利!聞こえないのか?まつが俺に何か言うぞ!」
オクラ 「落ち着け、枯葉が風にざわめいているだけだ。」
まつ様 「いい子ですね、私と一緒に行きましょう。私の夫がもてなします。
       あなたを心地よくゆすぶり、しゃもじ体操を踊り、歌うのです。」
兄貴  「毛利、毛利!見えないのか!あの暗いところにまつの夫が!」
オクラ 「見える。だが、あれは古いしだれ柳の幹だ。」
まつ様 「愛していますよ、坊や。あなたの美しい姿がたまらない。
       力づくでも連れてゆく!」
兄貴  「毛利、毛利!まつが俺をつかまえる!
       まつが俺をひどい目にあわせ…ヽ(゚∀▼)/」

 オクラはぎょっとして、馬を全力で走らせた。
 あえぐ兄貴を両腕に抱え、やっとの思いで館に…
 着く前に二人ともアッー。