藤田元


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

記念すべき第1回大会の優勝投手。

当時としては珍しい外角へのカーブを駆使して、相手打者を封じ込め、「藤田の怪腕」と恐れられた。決勝戦では10三振を奪取。

<甲子園優勝投手物語>
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。