※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ナレーション

濃姫と蘭丸を手に掛けたお市は、
その足で兄に会うため
本能寺へと向かっていた。
長政のためか、兄のためか、
それとも自分自身のためか。
何一つわからぬまま
お市はひたすら歩き続けた。
その姿に、かつての面影はなかった。

お市「長政さま…にいさまが待ってるよ…
    市と一緒に…会いに行こうね…」

『哮よ魔の妹』


本能寺宿命戦

開始ムービー

お市「ひとつ ふたつ みっつの石  賽の河原に 拾いませ~♪
    黒鬼いまして よっつを壊す  あな口惜しや 愛おしや~♪
    ふふふふ…」

開始

お市「見て、長政さま…にいさまがいるよ…」
信長「…そこまで堕ちたか、愚妹の果てよ」

  • 織田信長に会い、全てを終わりにせよ

お市「長政さま…もうすぐだから…
    今度こそ、がんばるから…ふふ、ふふふ」

お市「長政さま…市のこと、きらいなの…?」

信長「いい気になるな…」

お市「ひとつ、ふたつ…みっつ、みっつ…」


開門

お市「長政さまがね…にいさまの首がほしいって…」
信長「欲しているのは長政か、貴様自身か」
お市「市じゃない…長政さま…長政さま…」

お市「大丈夫…もうすぐ死が訪れるから…」

信長「この首を取ってなんとする
    貴様が余に取って代わろうとは言うまいな」
お市「にいさまが首をくれるって…ふふ、はは」

お市「やめて…長政さまをおこらせないで…」

お市「いや、聞きたくない…みんな黙って…」

お市「大丈夫、痛くない…ほら…ほら…!」

信長「貴様が余に成り代わるか!
    大それた女よ…フハハハハ!」

お市「ああ…長政さまが嬉しそう…」

お市「みんな見て…長政さま、すごいね…」

お市「ふ…ふふ…ふふふふ…」

お市「わからない…わからない…長政さま…」

いざ 本能寺本殿

信長「来い! 貴様はもはや我が妹のあらず
    余に刃向かわんとする、愚かな悪鬼よ!」


戦闘開始ムービー

信長「フハハハハ」

お市「ふふふ…」

信長「フハハハハ!」

お市「ふふふふ…」

信長「フハハハハ!」

お市「あはははは!」

信長「フハハハハ!」
お市「あはははは!」

信長・お市「是非も無し!」


戦闘

信長「人生、五十年…フハハハハ!」
お市「下天のうちをくらぶれば…あはははは!」

信長「哮よ! 貴様の欲する所を示せ!
    果ては余が直々に比良坂に送ってやろうぞ!」

お市「にいさまと渡りあっている…ふふ、はは」
信長「それで余になったつもりか! 足りぬわ!」

お市「市に関わったら不幸になる…
    にいさまが…市をそう作ったのね…?」
信長「貴様ごときに人間に、余の吉凶は定められぬ!」
お市「じゃあにいさま…! その証がほしいの…!
    さあ、にいさま!
    泣いて、咆えて、呻いて、叫んで!!
    命乞いをしてみせて…!」

ムービー

信長「それが貴様の欲するものか…」

お市「ふふふ…」

信長「この世に、安息の地など無し…」

お市「ふふふ…」

信長「ならば貴様が望む地を築き…」

お市「ふふふふ…」

信長「その天を、征するが良い…」

お市「ふふ、ふふふ…」

信長「化楽…第五天魔王、よ…」