各クラスの該当条件

セイバー
"魔力"以外のすべての能力値が最高ランクの者のみ該当する。

アーチャー
能力値が低い者でも、射撃武装に関する特殊能力を持っていれば該当する。

ランサー
セイバーに次ぐ"該当条件"の多いクラスで、すべての能力値にセカンドランクを求められる。
その中でも"敏捷"が特に高いものが該当に値する。

ライダー
なんらかの乗り物に搭乗し、騎兵槍を使いこなせる者のみが、このクラスに該当する。

バーサーカー
とある条件さえ満たしていれば、すべての能力値がランクE(最低ランク)の者でも該当する。

キャスター
"魔術"の能力値がランクAに達していることが該当条件。

アサシン
アサシンとして選ばれるために必要な該当条件は、"気配遮断"のスキルを持つことのみ。





各クラス別基本能力値

セイバー
筋力A 耐久B 敏捷B 魔力C 幸運D

ランサー
筋力B 耐久C 敏捷A 魔力D 幸運E

アーチャー
筋力C 耐久C 敏捷C 魔力E 幸運E

ライダー
筋力D 耐久D 敏捷B 魔力C 幸運E

アサシン
筋力D 耐久D 敏捷B 魔力E 幸運B

バーサーカー
筋力C 耐久D 敏捷D 魔力E 幸運E

キャスター
筋力E 耐久E 敏捷C 魔力A 幸運B

サーヴァントらには、それぞれのクラスに見合った固有能力が与えられているが、
それ以外にもサーヴァント自身が個別の能力を習得している場合もある。
そこで今回は"個体の能力"を加算しない"基本能力値"を、わかりやすいダイヤグラムにして各クラス別に紹介。