【元ネタ】『平家物語』
【CLASS】ランサー
【マスター】
【真名】巴御前
【性別】女性
【身長・体重】165cm・56kg
【属性】秩序・中庸
【ステータス】筋力A 耐久C 敏捷C 魔力D 幸運C 宝具C
【クラス別スキル】
対魔力:D
 一工程(シングルアクション)による魔術行使を無効化する。
 魔力避けのアミュレット程度の対魔力。

【固有スキル】
勇猛:C
 威圧・混乱・幻惑といった精神干渉を無効化する能力。
 また、格闘ダメージを向上させる効果もある。

騎乗:C
 騎乗の才能。大抵の乗り物、動物なら人並み以上に乗りこなせるが、
 野獣ランクの獣は乗りこなせない。

天性の肉体:C
 女性として、美しさと力強さを併せ持つ完璧な肉体。
 このスキルの所有者は、常に筋力がランクアップしているものとして扱われる。
 また過剰な鍛錬やカロリー摂取を行っても、常に最高のプロポーションを維持する。

【宝具】
『縁紡ぎし忠義の印』
ランク:C 種別:対人宝具 レンジ:- 最大捕捉:1人
 恩義の証明。隠された巴御前の宝具。
 マスターと巴御前の感情の共鳴によって作動する一種の魔力炉。
 生成した魔力は魔力炉に蓄積され、十分な量を貯める事で疑似令呪として形を為す。
 この疑似令呪は『マスターを守護する』という内容でのみ、巴御前の任意で使用できる。 
 なお、作れる数は一度に一個のみである。

『巴型』
ランク:D 種別:対人宝具 レンジ:2~3 最大捕捉:1人
 巴御前にちなんで名付けられた薙刀。
 本来はただの武具であったが巴御前が愛用していたため、宝具にまで昇華された。
 STRの数値を2倍として、ダメージロールを計算する。
 身幅が広く反りの大きいため、少ない力で斬りつけやすく馬上戦に最適。

【解説】
 平安時代末期の信濃国の武将。美しくも勇ましい女武者。
 信濃国の豪族・中原兼遠の娘で、源義仲(木曽義仲)の愛妾。樋口兼光・今井兼平・落合兼行の妹でもある。
 大刀と強弓の手練れであり、荒馬を乗りこなす一人当千の兵者(つわもの)。
 初対面で駒王丸(義仲の幼名)のとった無礼な態度に腹を立て、彼を乗っていた馬ごと投げ飛ばし、
 松の木に引っかけて以降、義仲にその大力を見いだされ、力技・組打ちの武芸の稽古相手として、
 幼年期を過ごした後、戦にも召し使われた。
 宇治川の戦いでは、敗れ落ち延びる義仲に最後まで付き従い、彼と共に果てようとしたが、
 「最後まで女に後ろを護らせていては、世の笑いものになるのがわからぬか」と説得されてしまう。
 そうしてついに別れを受け入れた巴は、「木曽殿の御目にかかる、最後の奉公でございます」と、
 大力と評判の敵将を馬から引き落とし、首をねじ切って捨て、東へと落ち延びた。
 彼女のその後には諸説があり、一説には義仲の墓所近くに草庵を結び、後の義仲寺の基礎を築いたとされる。