【元ネタ】旧約聖書
【CLASS】アーチャー
【マスター】
【真名】ダビデ
【性別】男性
【身長・体重】171cm・62kg
【属性】秩序・中庸
【ステータス】筋力C 耐久D 敏捷B 魔力C 幸運A 宝具B
【クラス別スキル】
【固有スキル】
神の加護:?
 王者になると預言された、優れた肉体と容姿。
 ライオンや熊の尻尾を掴んで叩き殺す俊敏さと腕力がある。
 彼は自分が復活せし者、ダビデ本人の魂を持つ者とは考えていないが、
 生前も今も神の使者であることに変わりはなく、神の恩寵を感じられればそれでよいと思っている。

竪琴の演奏:?
 イスラエル王国の王・サウルの悪霊を祓ったダビデの竪琴(キヌュラ)には破魔の効力があり、
 聴く者の精神を平穏に保つ。
 ダビデが竪琴を弾くあいだ、敵味方を問わず槍の命中率が極端に下がる。
 この竪琴による悪魔祓いのエピソードは、現代でいう音楽療法と解釈されることもある。

神性:?
 キリストの祖としての弱い神霊適性。
 ナザレのヨセフとほぼ同格にあたる。
 ダビデ自身はただの羊飼いに過ぎない。
 しかしキリストの威光(神の威光ではなく)を背景とする宝具、
 例えば“聖骸布”、“聖釘”、“聖槍”あるいは“聖杯”などに対しては、それなりの耐性を発揮する。

カリスマ:?
 軍団を指揮する天性の才能。
 ダビデは2代目イスラエル王として全部族を従え、32万を超える兵を率いてエルサレムを制圧した。
 彼の人生は戦争に次ぐ戦争であり、あまりに血塗られていたため、
 神が神殿の建築を許さなかったほどである(神殿建築の役割は息子・ソロモンに譲られた)。

【宝具】
『五つの石(Hamesh Avanim)』
 巨人ゴリアテを打ち倒した投石器。
 五つの石はダビデの寛容を表し、4発めまではあえて外すことで警告を発するが、
 5射目は急所に必中する。
 サーヴァントならば一時的に意識を喪失し、その後、相手の主武装はダビデのものとなる
 (もしくは使用不能になる)。
 投射するものは単なる石が変容したものなので、無制限に補充が可能である。

『燔祭の火焔(Sacrifice)』
 旧約聖書・民数記にいう「神の命令によって燃え上がった、明るく輝く、もっともあつい熱をおびた火焔」。
 使用すると幻の香炉から立ち上った紫の煙が相手を取り巻く。
 じきにシナイ山を思わせる雷雲と霧が立ちこめ、天より遣わされた業火が、
 神の意に沿わぬ者を一滴の血も残すことなく焼き尽くす。
 炎は全体で祭壇を形成する。

『契約の箱(Ark)』
 モーゼが授かった十戒が刻まれた石板を収めた木箱。
 ペリシテ人を退けてエルサレムを掌握したイスラエル王ダビデは、そこを都と定め、
 この契約の箱を運び上げた。
 宝具としての効果範囲は狭いが絶対的であり、箱に触れた者の魔力を問答無用で奪い、殺す。

【解説】