【元ネタ】史実
【CLASS】ランサー
【マスター】ダーニック・プレストーン・ユグドミレニア
【真名】ヴラド三世
【性別】男性
【身長・体重】191cm・86kg
【属性】秩序・中庸
【ステータス】筋力B 耐久B 敏捷A 魔力A 幸運D 宝具A
【クラス別スキル】
対魔力:B
 魔術発動における詠唱が三節以下のものを無効化する。
 大魔術、儀礼呪法等を以ってしても、傷つけるのは難しい。

【固有スキル】
護国の鬼将:EX
 あらかじめ地脈を確保しておくことにより、特定の範囲を"自らの領土"とする。
 この領土内の戦闘において、王であるヴラド三世は
 バーサーカーのAランク『狂化』に匹敵するほどの高い戦闘力ボーナスを獲得できる。
 『極刑王(カズィクル・ベイ)』はこのスキルで形成した領土内においてのみ、行使可能な宝具である。

【宝具】
『極刑王(カズィクル・ベイ)』
ランク:B 種別:対軍宝具 レンジ:1~99 最大捕捉:666人
 空間から大量の杭を出現させ、敵を串刺しにする。
 攻撃範囲は半径1km、杭の数は最大二万本に及ぶ。
 また、手にした槍が敵に一撃を与えるたびに"串刺しにした"概念が生まれ、
 心臓を起点として外側へ向けて、杭が出現する。
 加えて、無数の杭の数を目視した敵には精神的な圧迫感も与える。

『鮮血の伝承(レジェンド・オブ・ドラキュリア)』
ランク:A+ 種別:対人(自身)宝具 レンジ:- 最大捕捉:1人
 後の口伝によるドラキュラ像を具現化させ、吸血鬼へ変貌する。
 ドラキュラ伯となったヴラド三世は通常のスキル・宝具を封印される代わりに、身体能力の大幅増幅、
 動物や霧への形態変化、治癒能力、魅了の魔眼といった特殊能力と、陽光や聖印に弱いという弱点を獲得する。

【解説】