~~カレンの部屋


メリー「アーチャー、遊ぼう♪」(ぎゅー)

カレン「メリーちゃん、アーチャーはおもちゃじゃないのよ」(グイグイ)

前アーチャー「ぎょええええぇ、身体がAパーツとBパーツに分離しちゃうー! やめてー!」

イリヤ「相変わらず、モテモテだね」

前アーチャー「湿布臭いガキにモテても嬉しくねー! すげえ腹が空いてるときのグルメ番組ぐらい嬉しくねー!」

カレン「義理の娘だから、問題ないわよ、この駄犬」(にっこり)

メリー「ねー♪」(にっこり)

前アーチャー「問題あるだろうがああぁ! 里親の気持ちになって考えてくれよおおおぉ!」

クロ「酷いセクハラ親父だけど、こればっかりは同情するわ……」



~~五分後

前アーチャー「おい! 腹がモチみたいに伸びちまったじゃねーかよ!」

カレン「ご、ごめんなさい」(オドオド)

メリー「えぐっ、えぐ、ごめんなさい」(泣)

イリヤ「アーチャーの体って一体どうなってるんだろ」(汗)

クロ「別にいいじゃない、すぐに戻るんだから」

前アーチャー「ひでーな、淫乱ブラック! うっかり魚を焦がして、もう一匹あるから焼けばいいか、みたいな顔しやがって!」

リズ「まあ、メリーもカレンもはんせいしてるし、許してやって」

前アーチャー「遊ぶなら、俺を絞め殺すんじゃなくて、もうちょっと穏便な遊びにしやがれ」



メリー「それじゃ、メリーはおままごとしたい!」

イリヤ「いいね、やろうよ」(にこにこ)

ライダー「イリヤがやるなら、私もやるわ」

前アーチャー「まあ、それなら平和そうだしな。構わないぜ」

メリー「それじゃ、メリーはママでアーチャーはパパ、クロママとリズママはこどもー」

イリヤ「私達は?」

メリー「イリヤとライダーは猫で、カレンは姑ね」(にっこり)

ライダー「わかったわ」(ニッコリ)

前アーチャー「何だか童心に帰るな。フルパワーで遊んでやるぜ」(うきうき)

クロ「アーチャーって、たまに危機感が足りないわね……」




~~五分後

前アーチャー「おらー、亭主のお帰りだぞー。ういー、ひっく」(ふらふら)

カレン「アーチャー、聞いて! メリーさんが私のことを苛めるのよ」

メリー「だれもおかあさまのことなんていじめてないわ! それより聞いて、アーチャー。おかあさまがいじめるの!」

前アーチャー「ぎええええぇ、いきなり嫁姑戦争開戦! お、おまえら二人とも落ち着け!」(あわあわ)

リズ「おう、帰ってきたか、くそおやじ。ボコボコにされたくなかったら、こづかいよこせー」

クロ「あー、パパ帰ってきたの? 臭いから半径五メートル以内に近づかないでくれる?」

前アーチャー「アポカリプス、ナウ! 娘二人が力いっぱいグレてるー!」

ライダー「はむはむはむ」(ムフー)

イリヤ「うにゃーうにゃー」(涙)

前アーチャー「ライダー、イリヤにサカッてるんじゃねー! バックの体勢から押し倒すんじゃねー!」



前アーチャー「何でこんな酷いことになってんだよ!」

メリー「リアルしこうが流行なんだよ」

前アーチャー「嫌なおままごとだな……とりあえず、メリーと母さん、そこに座りやがれ!」

メリー「アーチャー、おかあさまが掃除のたびになんくせつけるのー」

カレン「あなたが私が何を言っても、馬鹿にしてくるのがいけないのよ!」

メリー「アーチャーはメリーのみかただよね。だって、わたしのだんなさまだし」(ニヤリ)

カレン「アーチャーは私の味方よね。何と言っても、ママのおっぱいが大好きな子だし」(ニヤリ)

メリー「アーチャーはマザコンじゃないもん! メリーと一日三回はちゅーをして、えすえむぷれいもしてるもん!」

カレン「あら、アーチャーはまだまだ親離れ出来ない、親孝行な息子なのよ。私と人には言えない××なスキンシップもしてるわ」

前アーチャー「変な設定を追加すんじゃねえええええ! まるで俺がけだものみてーじゃねーかよ!」



リズ「どうでもいいけど、はやくよこせよー、おかね。十万円でいいよ」

クロ「親とか、ちょーうざいんだけど」

前アーチャー「何で娘は娘でマイペースに、こんなにグレてんだよ!」

リズ「いや、だって……」

クロ「アーチャーに嫌がらせできる絶好の機会じゃない」

前アーチャー「お前達……後で妄想で足裏をペロペロクチュクチュ舐めてやるから、覚えてろよ」

リズ「おらー、かねよこせよー。おやじがだいじにしてるエロDVD焼くぞー!」

クロ「あ、今月の携帯代、携帯ゲームのやりすぎで五万円超えるから、よろしく」

前アーチャー「ふざけんじゃねえ! 二人とも尻を叩いて更正させてやるぜ!」

リズ「………」(ドカッ)

クロ「………」(バキッ)

前アーチャー「うぐあああああぁ、し、尻を叩かれたのは俺様の方でした」

クロ「おままごとのどさくさにまぎれて、セクハラしようとする方が悪いっていうの」



ライダー「がぶがぶ」(ムフームフー)

イリヤ「ふにゃー」(涙)

前アーチャー「どさくさにまぎれてセクハラしてんのは、ライダーの方じゃねーか! 
         ライダー、イリヤのパンツを脱がそうとするのは止めろ!」(ぐいぐい)

ライダー「フーフー!」(がぶり)

前アーチャー「ぎええええええ! 頭を丸かじりとか、猫は猫でも大型の猛獣かよ!」

イリヤ「みゃーみゃー」(ガクガクブルブル)

リズ「よしよし、怖かったね」(なでなで)

前アーチャー「うぐう、油断も隙もねー……娘と飼い猫にリンチされたところで、風呂入って、今日はもう寝るぜ」

カレン「それじゃ、お母さんが背中を流してあげるわね」

メリー「いやー! メリーがだんなさまといっしょに入るの!」

クロ「うわっ! 親父、ババアと一緒に風呂入るのかよ」

リズ「さいてー」

前アーチャー「メリーも母さんも一緒に入ろうとすんな! 
         娘達が見てるだろうが……うううぅ、こんな家庭もう嫌だ」(しくしく)





カレン「アーチャー、ご飯が出来たわよ」

メリー「おかあさま、アーチャーにご飯を食べさせるのは、メリーなの」

カレン「下手な料理は、アーチャーには食べさせたくないわ」

メリー「おかあさまのお料理は激辛料理ばかりだもの。じだい遅れよ」

前アーチャー「いい加減喧嘩はやめろおおおおお! うっ……ぐあー!」(ばたり)

カレン「ア、アーチャー!」

メリー「どうしたの!?」

前アーチャー「あまりのストレスで親父は死んだ」

メリー「えー!?」

カレン「そ、そんなー!」

前アーチャー「こんな家庭にいたら、俺だったら三日ももたないぜ。仕方ないだろう」

クロ「親父が死んだから、保険金入るかな?」

リズ「これで、おかしとかゲームいっぱい買える」(にこにこ)

前アーチャー「お前ら、親父が死んだんだから、もっと悲しめよ!」



~~二十分後

メリー「ねえ、アーチャー。もっと遊ぼうよ」

前アーチャー「嫌だ。俺は緩衝材のプチプチを潰すのに忙しい」

クロ「すっかりスネたわね……」

カレン「じゃあ、今度はアーチャーの大好きなごっこ遊びでいいわよ」

メリー「うん。アーチャーの好きなのでいいよ」

前アーチャー「うひょー、いいのか!? じゃあ、ハーレムごっこで遊ぶぜ」



~~五分後

カレン「アーチャー、正妻の座をくれないとクロちゃんとリズさんを殺して、私も死ぬわ!」(涙)

メリー「アーチャー、せいさいにしてくれないと、イリヤとライダーの命は無いよ!」(涙)

ライダー・リズ「きゃー、助けてー」(棒読み)

前アーチャー「おげえええええ! 
         何でキャッキャウフフでぐへへなはずのハーレムが、こうなるんだよ! お家騒動はやめろー!」

イリヤ「あはは、アーチャーも大変だね」(汗)

クロ「この淫獣、まるで学習してない……」