バベル外伝 4話


~~都内のビルの一室

前アーチャー「ブーンブーン、カーセブーン」

コンコン

前アーチャー「ブーンブーン……誰だ、俺様が機関車で遊ぶのを邪魔する、すっとこどっこいは? おら、入れ!」

ルヴィア「失礼しますわ。求人を見て来たのですけれど」

前アーチャー「求人?」

ルヴィア「サーヴァントを狩る年若い淑女を募集していると聞きましたわ」

前アーチャー「ああ、そうだったそうだった……募集、終わったけどな」

ルヴィア「え! もう終わったんですの!? 何で?」

前アーチャー「募集かけてすぐに応募があったからな。俺様は遊ぶのに忙しいから、それじゃ……」

ルヴィア「待って、納得がいかないですわ。どんな人が来たんですの?」

前アーチャー「やけに熱心だな、お嬢ちゃん。それじゃ、紹介してやろうじゃねーか。
       新たなる戦闘淑女、クラン☆カラティンだ!」

クラン☆カラティン「……狩リノ時間ダ」

ルヴィア「ちょっと待って! 突っ込みたいところがいっぱいあるんだけど……何で鉄仮面被ってるの!?」

前アーチャー「自前だそうだ」

ルヴィア「まあ、それはいいとして……どう見ても男じゃないの!」

前アーチャー「まあ、性別に関しては俺も考えた。だが経歴を考慮して、特例にした」

ルヴィア「経歴?」


前アーチャー「多数の戦場で狩りの前歴があるらしい」

クラン☆カラティン「竜(モンスター)ナラ1500匹ハ狩ッタ……女王モダ」

ルヴィア「竜(モンスター)って……」ゾクリ

前アーチャー「お前、竜(モンスター)狩り程度の経験とかはあんの?」(ホジホジ)

ルヴィア「……無いですわ」

前アーチャー「えっと、採用が決まったら電話するから」

ルヴィア「電話番号も聞いてないのに、追い返そうとしないで! どう見ても不採用じゃない!」

前アーチャー「だって、経験者が居るしさ」

クラン☆カラティン「………」(シャキン)

ルヴィア「どう見てもあれ、人間じゃないじゃないですの! いいんですの、戦闘淑女がそれで!?」

前アーチャー「いや、まあエロ専門と狩り専門は別でいいんじゃねーのか」

ルヴィア「納得いかないですわ!」

前アーチャー「おいおい、面接希望者にゴネられても、俺は困るぞ」

ルヴィア「サーヴァントを狩る戦闘淑女には、私こそが相応しいですわ!」

前アーチャー「じゃあ、1対1でどちらの腕が上か勝負するのはどうだ?」

ルヴィア「いいですわ、受けて立ちますわ!」

クラン☆カラティン「………」

前アーチャー「ちなみに、あいつは自前で魔術光学式迷彩とか、GAU-8 アヴェンジャー(ガトリング砲)を装備してるから」

ルヴィア「が、頑張りますわ」



~~二週間後、学校の屋上

イリヤ「アーチャー、かまぼこ食べる?」

前アーチャー「おう、食うぜ……うめーうめー」(もっちゃもっちゃ)

クロ「じゃあ、私はハンペンあげるわ」

前アーチャー「遠慮無く頂くぜ……そういえば、何か忘れてる気がするな」

ミユ「アーチャー、お弁当まだあるからね」

前アーチャー「おう、食うぜ食うぜ……うめーうめー、ミユの弁当は最高だ」

ミユ「ありがとう……照れちゃうわ」(ポッ)




~~同時刻、南米

ルヴィア「な、なかなか決着がつきませんわ……というか、これって帰れるのかしら?」

クラン☆カラティン「………」(チュドーン!)

ルヴィア「ど、何処から撃ってきてるの!? きゃー!」