バベル外伝?


~~下校時

イリヤ「アーチャー、その片眼鏡どうしたの?」

前アーチャー「おう、よく聞いてくれたな。地雷女に引っかからないように、悪魔通販で購入したヤンデレスカウターだ」

イリヤ「何それ?」(汗)

前アーチャー「その女が恋愛に対して、いかに執念深くて怖いかを測る装置だな」

凛「何処の通販で売ってるのよ、そんなの」

イリヤ「へー。良ければ試してみて」

前アーチャー「おお、任せろ……イリヤのヤンデレ指数は5だ。ゴミだな」

イリヤ「そ、それって喜んでいいんだよね」(汗)

前アーチャー「騙してエッチなホテルに連れ込んで、その後ポイ捨てにして大丈夫なレベルだな」

イリヤ「うう、それは嫌だよぉ」
 
凛「他の人はどうなってんの?」

前アーチャー「ちょっと待て。凛は134でやや高め、桜は42000……ライダーは53万……」

桜「?」

ライダー「それって高いのかしら?」

前アーチャー「さてと、ちょっと地球を救う仕事を思い出したんで、俺様は出動するぜ」

凛「おいおい、待てよ」(ガシッ)

前アーチャー「離せー! 俺の命が危険でデンジャーなんだ!」

桜「そんな大げさな」

前アーチャー「大体3万を超えたら、半径100Mが非常警戒区域になるんだぞ!」

ライダー「50万を超えたらどうなるの?」

前アーチャー「惑星脱出を考えろと説明書には書いてある」

ライダー「………」

前アーチャー「………」

ライダー「アーチャーは黙って帰ったりしないわよね」(ニターリ)

前アーチャー「ハ、ハイ、カエリマセン。ライダーサンニダマッテナンテ、ケッシテ」






桜「しかし、ヤンデレ指数が高いって言われても、実感が無いんですけど」

前アーチャー「自覚がねーから、更に怖いな。おお怖い怖い」

桜「喧嘩売ってます?」

前アーチャー「ま、待て、ディラックの海は止めろ! 
       そうだな、わかりやすく説明するとだな……例えば、リンが坊主に振られたとするだろう」




~~凛の場合

凛「あたし、何処が悪かったのかな……嫌われるようなことしたのかもしれない……これから、どうしよう」(どよーん)

~~

凛「ん~……まあ、確かにそんな感じかも」(ぽりぽり)

桜「大丈夫ですよ姉さん、先輩は振ったりしないから」

凛「いや、別に士郎のことなんかどうでもいいから、いや別に彼が嫌いな訳じゃないんだけど(ry」 ブツブツブツブツ

前アーチャー「ツンデレのはともかく、これが逆の場合だと……」




~~桜の場合

桜「先輩、先輩、先輩……」(ブツブツ)

桜「信じられない……何で私だけ……何で……」

桜「そうだ、もう一回話し合えばいいんだ……包丁、どこに置いてあったっけ」(がさごそ)

~~

桜「何ですか、これ?」

前アーチャー「坊主に振られた場合のおまえの反応」

桜「こんな風にはならないですよ!」

前アーチャー「じゃあ、試しに坊主に振られた後のことを想像してみろよ」

桜「~~っ! ~~ぁ、う、く……」

凛「ち、ちょっと桜! しっかりしなさい!」

イリヤ「アーチャー、サクラちゃんが地面を転げまわって悶絶してるよ!」

前アーチャー「ふっ、ヤンデレには耐えられまい。自らの業で自らを焼いておるのよ」






イリヤ「でも、ライダーさんはそんなに執念深いって気がしないんだけど」

ライダー「……ありがとう、イリヤ」

前アーチャー「馬鹿言え、こいつこそ執念の塊ってやつだ。
       そう感じないのは、イリヤがライダーと奇特にもつきあってるからだ」

イリヤ「そうなのかな?」

前アーチャー「もし、ライダーがイリヤと付き合っていたらな……」


~~イリヤとライダーが付き合っていた場合

ライダー「イリヤ、ご飯よ」

イリヤ「ライダーさん、ここ何処? もうお家に帰りたいよぉ」(グスングスン)

ライダー「大丈夫よ。ここなら誰にも邪魔されることは無いわ」

イリヤ「お父さんとお母さん、お兄ちゃんに会いたいよー。リンやサクラちゃんにも会いたいよ」

ライダー「もう会えないわ。二人の邪魔をする人間にはね」

イリヤ「そんなの嫌だよぉ」

ライダー「それより、イリヤ……今日もたっぷり愛し合いましょう」

イリヤ「やだ、もうやだよ……誰か、助けて……」

~~

 
イリヤ「またまた、アーチャーは大げさだなー」

ライダー「ええ、大げさよ」

前アーチャー「イリヤ、おまえにはこの人間火薬庫の爬虫類のような目が見えないのか!」

イリヤ「ライダーさんは、こんなことしないよね」(にこにこ)

ライダー「イリヤを悲しませるようなことはしないわ」(ニコニコ)

前アーチャー「畜生、息を吸うように嘘を言いやがって……イリヤが別れ話を切り出した瞬間に、
       ワインぶっかけてイリヤを絶対に連れ去るに決まってる」

イリヤ「もう! それ以上は怒るよ、アーチャー」

前アーチャー「じゃあ、他のやつらにも聞いてみろよ」

イリヤ「ライダーさんは、私を監禁したりしないよね?」

ライダー「えっと………」

桜「それは……」

凛「あたしの口からはちょっと言えないな……」

イリヤ「な、何でみんな目を逸らすの!?」


ライダー「アーチャー、酷い言いがかりにもほどがあるわ」

イリヤ「ほら、ライダーさん本人がそう言ってるし」

前アーチャー「じゃあ、ライダーも坊主に振られるのを想像してみろ」

ライダー「……がはっ!」(吐血)

イリヤ「ライダーさん!」

ライダー「~~っ! が、あが……」

イリヤ「しっかりして!」

凛「おいおい、痙攣しながらのたうち回ってるぞ」

前アーチャー「想像でこれなんだから、現実ではどんな反応があることやら……」
 



~~五分後

ライダー「危なかった……天国から大人になったイリヤが、おいでおいでしていたわ」

イリヤ「私、まだ死んでないよ」(汗)

桜「でも、ライダーさんはそんなに執念深いの? 私達には優しい先輩だけど」

ライダー「うーん、独占欲がちょっと強いのかもね」

前アーチャー「お前って、浮気を許さないタイプだろ」

ライダー「うーん、どうかしら?」



このとき、アーチャーの脳裏に以下の光景が走った



~~前アーチャーが浮気をした場合

ライダー「アーチャー、ただいまー」

前アーチャー「ラ、ライダー、許してくれ……」

ライダー「あら、お薬切れ掛かってるわね。いま補充するわね」

前アーチャー「う……あ……う……」

ライダー「これでもう安心ね。今日はアーチャーの好物のハンバーグにしてあげるから、もうちょっと待っていてね」


~~


ライダー「私って、案外根に持つタイプかもしれないわ」

イリヤ「うーん、想像がつかないけどなー」

桜「ライダーさんって、何でも許しちゃいそうだけど」

ライダー「アーチャーは嫉妬深い女の子は嫌いかしら?」(ニッコリ)

前アーチャー「イエ、ソンナニワルクナインジャナイデスカネー、アイジョウブカイコトノウラガエシダト、オモイマス」



おまけ

~~三日後、士郎の部屋

イリヤ「お兄ちゃん、携帯電話買ったの?」

士郎「ライダーにGPSつきの携帯電話を貰った」

イリヤ「そうなんだ。便利そう」

士郎「キャバクラや風俗、エロDVD屋の半径20メートルに近づくと、ライダーからメールが必ず送られてくるんだが……」



おまけ2

~~三日後、イリヤの部屋

前アーチャー「ぬぐお……AVをパケ買いしたら、全滅だと……。20本が僅かに10分でダメになるとは」

ライダー「何をなさってるのかしら?」

前アーチャー「誰だ! 俺のAV鑑賞を邪魔する奴は!」

イリヤ「私の部屋でそういうことされると、困るのだけど」(汗)

ライダー「ふーん……まあいいわ。ところでアーチャー、頼みがあるんだけど」

前アーチャー「おうよ、何だ?」

ライダー「イ、イリヤのショーツが欲しい」(こそこそ)

前アーチャー「何だ、超糞女(グレートビッチ)だったのか……契約完了だ」
 
前アーチャー「イリヤ、今すぐパンツ脱いで、こっちに寄越せ!」

イリヤ「何で!?」

前アーチャー「世界のエントロピーがちんぷんかんぷんで……とにかく必要なんだよ、ぶらあああ!」

イリヤ「訳がわからないわよ。イヤ!来ないで!イヤあああああああ!!」(ゴソゴソ)

前アーチャー「ほら、ライダー。脱ぎたてほやほやだ。履くなり、嗅ぐなり、舐めるなり、食べるなり、好きにしろ。
       ちなみに俺の知り合いの紫髪の美少女曰く、相手の黄色いエキスをまぶして噛みしめるのがいいそうだ」

ライダー「わあ、ありがとう」

イリヤ「ちょっと、何で世界のエントロピーのために、ライダーさんに私のショーツを渡すの!?」
 
前アーチャー「ライダー、ところで、それどうする気だ?」

ライダー「シロウに履かせて、それからシロウを切り刻みたい」(テレテレ)

イリヤ「ええっ!?」

前アーチャー「わお……クレイジーサイコビッチ」

イリヤ「ちょっと、ライダーさんを悪く言わないで!」

前アーチャー「イリヤにはお似合いだな。YOU、結婚しちゃいなよ」

イリヤ「ええっ、どういう意味よ!? 女同士では結婚できないわよ!」

ライダー「そんな、私なんかイリヤには勿体ないわよ」(テレテレ)