【元ネタ】中国神話
【CLASS】キャスター
【マスター】
【真名】禹
【性別】男性
【身長・体重】168cm・57kg
【属性】秩序・善
【ステータス】筋力C 耐久B 敏捷D 魔力A+ 幸運B 宝具A+
【クラス別スキル】
陣地作成:A
 魔術師として、自らに有利な陣地を作り上げる。
 “工房”を上回る“神殿”を形成する事が可能。

道具作成:A
 魔力を帯びた器具を作成できる。
 擬似的ながらも不死の薬さえ作り上げられる。

【固有スキル】
神性:A
 神霊適正を持つかどうか。高いほどより物質的な神霊との混血とされる。
 大神鯀の息子であり、死後神となった禹の神霊適正は最高クラスと言えるだろう。

魔力放出:A
 武器、ないし自身の肉体に魔力を帯びさせ、
 瞬間的に放出する事によって能力を向上させる。

仙術:A
 五行の元となった天地の大法である洪範九疇を修めている。
 五大属性全ての高レベルな自然干渉や、黒熊への変化を行使出来る。
 後に禹歩と呼ばれる歩法により、大魔術・儀礼呪法を三歩で起動させられる。
 また、詠唱との同時併用術の多重発動も可能。

【宝具】
『龍図亀書(ロントゥーコイシュー)』
ランク:A+ 種別:対軍宝具 レンジ:1~99  最大捕捉:1000人
 中華大陸における最初の治水工事の真髄が刻み込まれた文書。
 竜脈また河川等の水に属するものを完全に支配・制御する事で、
 レンジ内の地形に関する情報をリアルタイムで把握する事が可能。
 また、水流等の水に属するものに、竜種を含む生前配下とした、
 幻想種そのものの性質と形を与え、使役することができる。

『息壌(シーラン)』
ランク:A 種別:対軍宝具 レンジ:1~99 最大捕捉:1000人
 天帝の至宝の一つである、際限なく増殖する土の塊。
 その正体は魔力炉を備えた土の怪物であり、自身が生成した魔力を使って自己増殖を行う。
 単体でも機能するが、外部から魔力を配給する事で増殖速度をさらに加速させる事も出来る。
 少量ではただの土と同等だが、増殖させる事で堤防や城壁と同等の防護能力を発揮する。

【Weapon】
『天河鎮定神珍鉄』
 禹が測量に用い、天の川や海を突き固めた伸縮自在の棒。
 後に東海龍王敖広から孫悟空の手に渡り、『如意金箍棒』として知られるようになる。


【解説】
 中国至上最大の洪水を治めたとされる、夏王朝の初代皇帝。
 黄帝の血筋である大神鯀を父に持つ、半人半竜(神)の治水王。
 堯帝の時代、黄帝が命じ水神・共工が起こした大洪水を治めんと、
 志し半ばで殺された父・鯀の功業を引き継いだ禹は、
 黄帝より『息壌』を授かり、応竜たち竜とともに地上へと下る。
 共工や無支祁らの妨害に遭うも、中国全土を遍く巡り、
 神々から授かった神宝や応竜たちの力、父を凌駕する強大な神力を用い、
 十三年の歳月をかけて治水を成功させる。
 その功績と人徳により、舜から天子の地位を譲位され、
 天子在位中も人々のために有益なことを多く成した後、
 会稽で病死したとされたり、天に昇って元通り神になったとされる。
 また、助手の白益とともに中国最古の地誌である『山海経』の神話的な著者とされてもいる。

【出演SS】